MAYA オブジェクトが何故か黒い時はSet Normal Angleで直る。

20150509_vertex_01

モデリングしてる時に、オブジェクトがこんな感じに黒くなった事ありませんか?あれ?何かバグッってる!!と思ってましたが、別にバグってるわけじゃなく、何かの拍子で法線の向きが変わっちゃってるんです。黒いままのレンダリング結果と、後でノーマルを直した時のレンダリング結果は変わるので注意してください!

オブジェクトを選択してメニューバーのPolygons→Normals→Set normal AngleからAngle部分を初期値の30のままApplyすると、
20150509_vertex_03

簡単に治ってくれます。
20150509_vertex_04

Display→Polygons→Vertex Normalsを選択すると、頂点から出てる法線の向きが直ってるのが分かります。
20150509_vertex_02

モデルが壊れてるわけではなくて、法線の向きが変わってるだけでした。少ないポリゴン数で丸みを付けるsoften edgeや逆に、パキットさせるHarden Edgeを使ってみると、どいういう事を言ってるのか分かり易いかなと思います。

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする