3DCGデザイナーは副業すべし

160801_3dcg_fukugyou


会社員として働くと、会社の経営が傾いてリストラにあったり、座りっぱなしで腰が悪くなったり、不規則な生活で病んでしまい働くことが不可能になったり、結婚、出産、家庭を持つことにより色々と問題が出てくるかもしれません。そんなときのために3DCGデザイナーは副業として


フィギュアを作ったり
自分の勉強にもなるCGネタを集めるブログを作ったり
働きながら自主映像を作ってyoutubeにアップしたりすべきだと思っています。


今時会社が副業を禁止にしてますとかナンセンスなんですよ。本当に社員の事を考えてるなら会社側は3Dプリンターを買ってあげて自由に使っていいよと社員のモチベーションを後押しして、皆でフィギュアを販売して売れたらそれぞれ個人の懐に入るぐらいやってもらいたいですね。フィギュアを作る技術も手に入るし、売れるにはどのような工夫をしなければいけないのかお金に直接関わる事なので真剣に考えるようになると思うんです。


お金が増えれば生活に余裕が出来るので、お高いCG書籍も買えるし、新しいソフトを買って勉強もできるし、ハイパフォーマンスのPCを買うことだって出来ますよ。特にCG系の人はオタクのパソコン好きが多いので、ガジェットネタブログなんかを織り交ぜてブログを書けアフリエイト報酬から給料以上にお金を稼ぐことだって可能になります。そんな時は自分で作った映像を宣伝して一気に拡散する事だって可能になるんですよ。


僕の大好きなホリエモンのスピーチですが、これを見てどう思いますか?


副業なしに多くのお金を貰える人も中にはいるかもしれませんが、そんなのは会社の中でも一握りでしかいません。そんな一握りの人を追い求めて切磋琢磨して頑張って働きますが、体力もやる気も皆ひとそれぞれなので、全員がトップになれるわけがないんです。学生時代にクラスで頭のいい人が何人いたか思い出してください。クラスに40人いてもせいぜいずば抜けてる人は2人とかですよ?色々とデザイン会社で働きましたが皆がずば抜けてる会社なんてありませんでした。やっぱりデキる人がいれば出来ない人もいるんです。


会社に給料とボーナスで生活を牛耳られてればいいのでしょうか? 色々な方向からお金を稼ぐ方法を考えて試行錯誤する事こそ、人間的に大きく成長出来ると思います。

会社にとらわれないで働くというスタイルが今後大きくなっていく事が実感出来る本です。毎日残業徹夜のハードな働きをしてる人は一度冷静に考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする