3DCG業界のネットの情報は本当なのか?

160814_zibunnomedemiru

先日書いた記事がプチ炎上して沢山の人に読んで頂けましたが、正直それらの書いてる事が本当だと思いますか?まあ、本当だから現場の人々は過剰に反応してたんだろうけど….。

しかし、ネットの情報だけを探しても結局は良いことばかりしか書いてない記事しか飛び込んで来ずに、リアルな現場の声が届かなかったりします。

特に”入社2年目CG業界のリアルな声”という特集記事があったとしても、

それが、徹夜残業安月給で毎日心がぼろぼろになりながら働いてます。という人が現実にいたとしても、そんな人の記事がこれから夢を追って業界に入ろうとしてるのにCGworldに掲載される訳がありませんよね・・・。

だから特集されるのは、本当に3DCGが自分の肌と合って、成功している人だけの記事だけが特集されます。

プロスポーツでもメジャーで輝いてる人だけが毎日テレビ映り、子供は頑張ればそうなれるのかもと思いますが、それは血の滲むような努力を努力と思わない人か、生まれ持った才能で、頑張ったほんの一握りだけですよね。

本当はその下に星の数ほど夢見て頑張ったけど、自分には合っていないと辞めていった人が大勢いる事を知らずにですよ?

やってる時は自分が一番いいものを作れると思うものです。周りの人より才能があると根拠もなく思う時もありました。そしてネットや先生、周りの情報でも、いい事しか耳に入ってこなくなります。

だからこそ、僕はそんな先生の声やネットの声よりも、とにかく3DCG会社に入ってゲームや映像を作る仕事がどうなっているのか、働いてみたかったのです。

3dcg業界がどんな世界なのか?本当にブラック企業で夜も遅くて、寝る暇がないのか?自分のレベルがどの程度なのか?どのように映像が作られて、どんな人が働いてるのか、その生活をしたらどんな気分になるのか、やってみるまで、自分の中で消化できなく、満足できないたちなのです。

ネットの声を信じないでやりたい事は自分の目で見るまで信じない方がいい。

僕は仕事が出来ないので、給料も安く無駄に残業しなければいけないですが、今は学生でも成長が早く技術がある人は沢山いるので、そういう人には天職である場合もあるので、この記事は何を言っているんだ?と、思う人へ記事は書いてません。楽しいと思ってるならそれでいいんです。しかしそんな人ばかりではありません。

僕が学校に通ってた最中でも1ヶ月後には来なくなってた人が数名いて、課題を全て終わらせる頃には半分以上の人が辞めていっていました。途中で自分の肌に合ってない事が分かって時間を無駄にせずにリタイアしたことは良い判断だと思いますが、それでも最初から分かっていたら無駄な学費と時間を浪費しなくて済んだのです。しかし僕同然、そういう人は自分の目で見るまでは納得しない人なんでしょうね….。

良い情報も、悪い情報もネットの意見だけを鵜呑みにせずに、学校の課題をやってる最中の自分の気持ちを大切に。土日も課題をやっていて楽しいと思うのかどうか。思うようにいかない時の自分の気持ちはどう思っているのか?仕事で働いてる毎日は楽しいのかどうなのか?そういった自分の気持ちを冷静に考えて、その先長く働く事になる仕事が本当に3DCG業界でいいのかを考える事が大切だと思います。

間違ってブラック企業にはいってしまったらなら、さっさと転職しましょう

会社選びは運による所が多いです。面接では良いことを言われたのに、入ってみたら毎日終電で帰る事になる。。はぁ。。。現状のお給料や人間関係に満足しないなら他の会社を沢山見るのも手のうちです。ギークリーではお給料が見やすくて転職活動に使えます。大切なのは仕事よりも自分自身の体という事をお忘れなく。

160730_cgmodeler_zikyuu_02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kmc より:

    私はもう年で他の路は考えれないですが
    まだ若い学生さんには良い記事ですね、

    この業界の実際の10年生存率は3割以下くらいということも載せてあげてもいいかもですね、

    私も社会人向けのCGスクールに通っていましたがいい加減なこと言う大人ばかりでしたので

  2. ゴンベイ より:

    初めまして。
    今年で8年目ぐらいCG映像で何とか食べている者です。
    いつもブログを拝見させて頂いております。
    会社との関係でお悩みのようですね。
    私も会社が変わると、会社との関係で悩まされることがあります。
    もしかしたら、私の経験で何か役になることがあるかもしれません。

    数社転々と渡っている私の個人的な意見ですが、
    実際に働いてみると、
    ネットでの悪い情報は”事実”だった場合が多かったです。
    ・雇用や労働契約が不明確。
    ・連絡がなく入金日、給料日に遅れる。または金額が違う。
    ・スタッフいじめがある。
    ・生活に支障が出るほど、給料が極端に安い。
    ・明らかにスキル不足の管理職がいる。

    一時期、私自身は仕事が怖くなった時期がございました。
    ですが、人間扱いしてくださる企業様方と出会う事が出来、
    乗り越える事が出来ました。

    社内衛生の違いは。ディレクターやプロデューサー、
    経営者の違いだと思いました。
    会社や上司が変わると嘘のように環境が良くなり、
    自分の技術も時間も増えていきました。

    今の自分が無事でいられるのは、
    腐らずに目の前の仕事に取り組み、
    酷い目にあわされた人物とでも人間関係を大切にし、
    どこでも通用できる人間になろうと頑張ったからだと思います。
    それに疑問があれば正攻法で会社と戦いました。
    クビになっても、働いたお金だけは強制的に請求できますし、
    参加した自分の仕事は残ります。

    自分の目で素晴らしい会社や人物を見れたのが、
    今の仕事のモチベーションになっております。

    • modelinghappy より:

      ゴンベイさん こんばんわ。modelinghappy管理人です。

      いつもブログを拝見していただき有り難うございます^^
      煙の無い所に火は立ちませんからね。僕もとある会社で給料が未払いで、健康保険にもしっかり加入させられない、使ってるソフトが違法だったという会社さんを知っています。

      自分に会う良い会社さんにで会えば色々と改善できそうですね。

      ブラック残業させられても、それを法的手段する事だって出来るから泣き寝入りする事もないですよね。

      今の会社で実力を出せないからその業種を辞めるのではなく、一度他の会社さんを渡って自分にあった場所をみつけるのもいいかもしれませんね。

      とは言っても今の働いてる人達に不満があるわけではないので、今の僕は転職しようとは考えてません。自分のスキルの無さと仕事へのモチベーション的な部分で折り合いがついてない感じですね。。

      貴重なご意見ありがとうございます。

  3. ゴンベイ より:

    返信ありがとうございました。
    これからも応援しております。(^^)ニコ