ピクサー社員が語る。”日本のクリエイターは少し可哀想”


日本のクリエイターが哀れに思われているwww


参照:日本のアニメに憧れる社員が語るピクサーの裏側【インタビュー】グラント・アレクサンダー


日本には本当に多くの優れたクリエイターがいます。僕も本当に多くの作品と作った方々を尊敬しています。しかし残念な事に、彼らが置かれている労働環境が非常に可哀想にも感じるのです。彼らは朝から晩まで仕事をし、仕事以外の社会生活がほとんど無い人もいるとききます。また、僕が知り合ったとあるアニメーターは非常に優秀で、才能に満ちあふれているのですが、人とのコミュニケーションを嫌い、あまり表には出てきません。一般的な社会とも断絶されているようです。これは非常にもったいない事だと感じています。

例えば、秋葉原のようなオタクの楽園の様な場所もありますが、日本のアニメ業界の人達は総じて内にこもっている印象を受けます。アメリカではクリエイターもアニメーターも高いコミニュケーション能力が求められ,ある意味「リア充」である必要があるのです。また、こちらではチームワークを重要視しているのに対して、日本のこの業界では、トップのクリエイター+アシスタント集団という感じで、組織の構成が違います。恐らくそれが理由でクリエイターのスピリットが反映された、かなりユニークな作品が作り上げられているとは思いますが、労働環境としてはあまりよく無い気もするのです。


朝から晩まで働き表に出てこないでコミニュケーションを嫌う人。社会とも断絶されているって、引きこもりのニートと対して変わらないような感じがしますね。ニートとの違いはお金があるから部屋はフィギュアを沢山飾れることかな…。窓も無い部屋で1日中パソコン画面にへばりついてれば頭もおかしくなりそうですよね。。。悪い待遇でもそれが普通。どこに行っても変わらないと思っている人がいるから低賃金で雇われる人が後を絶たないんですよね。もっとお金をもらって良い特殊技術なはずなのに。


ブラック会社で働いている人は、さっさと転職すべきですよ。


3DCG業界の転職で求人が多くあるのが、こちらのサイトです。


IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職案件を多数持ってる、GEEKLYや、3DCG案件が多数ある、ギークスジョブ最近CG業界に力をいれているWORKPORTや、僕は最近になって知ったAidemSmartAgentなどが有名どころのエージェント会社さんです。


いつまで低賃金、長時間で働いているんですか。。一度時給計算した方がいいですよ。


仮想帰宅頑張って下さいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする