アンリアルエンジンを使った”オックスフォード図書館制作奮闘記”がとっても勉強になる!

161114_workflow_01

Unreal Engine JPで公開されているオックスフォード図書館をmaya zbrush サブスタンス関係のソフトを使った製作記がとっても勉強になるのでご紹介です!

ゲーム業回歴10年の日本人作者が作った作品ですが、作品を作った上に作り方まで発表しちゃうとは相当手間がかかってます….!ありがたいので是非みなさん情報を盗んでしまいましょう!

とっても綺麗な作品ですよね!
161114_workflow_02

アンリアルエンジンを使い出してる会社さんも多いんじゃないでしょうか。
161114_workflow_03

ペインターは最近僕も勉強してます。
161114_workflow_04

ベテランさんですね。
161114_workflow_05

実務を通じてペインターの便利な機能や
161114_workflow_06

実際にデザイナーではどのように活用したのかも詳しく解説してます!
161114_workflow_07

サブスタンスデザイナーとペインターを実務でどのように使ったらいいのかよく分からない人は色々と勉強になると思います!

こちらの作者さんはこの本を書いてる方でした^^ 僕もそのうち買って読んでみようとおもいます。これからはリアルタイム時代きますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする