良いパソコンを買えば良いものが作れると思ってるの?3DCGのパソコンは10万円で充分!



高いパソコン買っても、モデリング技術はアップしません!!

やる気がある事は良い事です。お金がある事は良い事です。しかしちょっと考えを改めてください。


3DCG学校に通う事になり、当然家でも作業をする事になると思いますが、その時に予算が20万円あるなら、10万円のパソコンを買い残り10万円分はデッサン教室行ったり、プラモデル買った方がモデリング力は大きく伸びると思います。


パソコン10万。椅子10万が良い。

また、この仕事は長時間椅子に座りっぱなしなので、良い椅子を買って、長時間作業をしても疲れない環境を作った方がいいです。安い椅子はずっと座ってると腰や肩が凝ってきて、かなりの疲れがたまり、身体が悪くなっていきます。


有名どころでいうと、アーロンチェアかコンテッサがおすすめです。僕はヤフオクで購入したアーロンチェアに座っています。


ケチって安い椅子にしても、腰を悪くして後々通院費が掛り、老後に身体が動かなくなり酷いことになりますよ。椅子なんて早々壊れることもないし、長く使う事ができます。


20代の子にはつたわらないだろうが、身体は何より大切にすべきものです。20代の頃は整骨院や整体とは無縁だと思ってたけど30歳になると、突然通い出す人が多くなり、病院に行く回数がどんどん増えていきます…。


で、ハイスペックマシンを買えばレンダリングが一瞬で終わるのでトライアンドエラーが何度もできると思い、僕もドスパラで2倍の性能があるこちらがおすすめですよと薦められるがままパソコンを買いましたが、


自分のモデリングにテクスチャを書くスピードは変わらないのでいくら良いパソコンを買ってもそこまで変わらないのです!

スポンサードリンク


家のパソコンはK2000でメモリ16ギガ値段18万円。僕が職場で使っていたパソコンはk4000、メモリは32ギガですが、大して作業スピードは変わらない。学校ではK600という10万円代のパソコンを使ってたがそれとも大して変わりませんでしたからね..。


良いパソコンを買った方がいい人は、沢山レンダリングするエフェクトや、コンポジットの人だと思います。

レンダリング速度はポリゴン数、テクスチャの解像度、特に屈折や反射のマテリアルを使ってる時は重くなりやすいです。


きちっと質感の数値を覚えておけば、トライアンドエラーを何度も繰り替えさぜずに数回の調整で欲しい見え方にもっていけるので、いいパソコン買う前にこの本買って質感のつけ方を勉強したほうが断然いいです。



なんどもレンダリングして、トライアンドエラーの回数が格段に減ります。学生時代は適当に質感をつけていましたが、先ほどの本によって質感のつけ方を学びました。この本がなかったら未だ理解してなかったです。


後はアンリアルエンジンやUNITYを使って作業をしたいならリアルタイム操作に強いGeForceのグラフィックカードが刺さっている方がサクサク動くと思いますが、僕のK2000でも動きます。


なので、10万円台でとりえあず作業出来るPCが欲しいならドスパラのraytrek LBを買えばいいと思います。


しかも買えば数十万円するMAYAも学生の内は無料で全部の機能を使う事ができるんですよ。
Autodesk太っ腹です。maya学生版を無料でインストールする方法。


物作りで一番大切なのは、何を使って作るかよりも、何を作るかですよ。ソフトやパソコンじゃなくて、技術が大切です。だからプラモデルやデッサンをしてきた人は3DCGが強い。

2 件のコメント

  • 転職などをする際に、前職の作品物を使用できない時はデモリールをある程度作り直す必要があります。その際に最終的に連番の書き出しで、レンダリングが必要になります。
    その場合10万円のpcだと猛烈に時間がかかってしまいます。みなさんそういう場合はどうしているのでしょうか?

    • しがないデザイナーさん こんにちわ モデリングハッピー管理人です。
      会社で作ってたデータを調整して再度レンダリグするとなれば会社はサーバーがあるので早く終わりますが、さすがに家だと時間がかかりますが、それは自力で頑張るか、お金を払って海外のサーバーにレンダリングをお願いして回せばいいのではないでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    こちらの記事も読まれています。