Maya Pivotをセンター、原点、オブジェクトの設置面に移動させる「zero pivot tool」の使い方。

zeropivottool

何をするにも大切なPivot設定ですが、センターや、原点、オブジェクトの底面にPivotを移動させるのに1クリックで出来る便利な機能があるのでご紹介です。

これはMAYA標準で付いてる機能ではなく、Bonus Toolsの1つでAutodesk公式サイトからダウンロードしてください。Autodesk Maya Bonus Tools 2014-2015

インストールしたら、Bonus ToolsからZero Pivot Toolsを選択してください。
この中には4つの機能があります。

Keep Pivot Offset and Zero Local Values

移動させたPivotの数値を表示します。例えばグリッドに沿っていればこれが4だと分かりますが、適当に移動した場所だとその数値がわかりませんが、

KeepPivotOffsetandZeroLocalValues_01

適当な場所に移動させたpivotを選択したまま、Keep Pivot Offset and Zero Local Valuesを押すと、そのpivotの位置数値をチャンネルに表示させてくれます。KeepPivotOffsetandZeroLocalValues_02

CenterPivotandZeroLocalValues

センターピボットと同じ機能。ピボットをオブジェクトの中心に移動させます。
MovePivottoBaseandZeroLocalValues_01

Move Pivot to Base and Zero Local Values

オブジェクトの設置面となる底面にpivotを移動してくれるので、机に瓶を乗せたりする場合なんかに使えますよ。

MovePivottoBaseandZeroLocalValues_02

MovePivottoOriginandZeroAllValues

センターにpivotを移動します。

MovePivottoOriginandZeroAllValues_01

手動でも移動させる事は出来ますが、これが1クリックで出来きるので非常に便利ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする