Maya 1個のオブジェクトから大きさ、角度、距離をランダムに変更して配置する「Randomize Transforms」の使い方

20141203_randomsizeTransforms_00

これはMAYA標準で付いてる機能ではなく、Bonus Toolsの1つでAutodesk公式サイトからダウンロードしてください。Autodesk Maya Bonus Tools 2014-2015

インストールしたら、ツール上に「Bonus Tools」というのが追加されてるので、そこから「Modify」を選び、「Randomize Transforms」を選択します。

Randomize Transformsが出来る事は、1個のオブジェクトの大きさ、角度、距離をランダムに変更したのを作ってくます。

例えば1個のボールを作ったけどその大きさ違いが10個欲しい。という場合は簡単に作れますが、

砂利道を作ったりする様に大量のオブジェクトを一度に沢山作る事は出来ません!

1個のオブジェクトを選び、ボタンを押せばその1個のオブジェクトからランダムなサイズのオブジェクトが1個表示されるだけです。また、何度も押せばポンポンコピーされるわけじゃなく、一々「shift+D」でコピーしなければいけないのも面倒ですので、大量のオブジェクトを沢山作るには不向きです。

Randomizerの使い方

Randomize Transformsボタンを押すと、「Randomizer」というポップアップが表示されます。

指定できるのは移動距離、回転、大きさ、大きさを保つ事で、一気に沢山のオブジェクトを複製する項目がありません。
20141203_randomsizeTransforms_02

Translate Rangeに数値を入れて、ランダムに配置したい距離を指定します。ここで言うと、36.093という適当な数値ですが、このグリッドの範囲に配置するよ!という事です。また、Multiply AxisのYに0を入れる事によって、上下にはコピーさせない様にしています。
20141203_randomsizeTransforms_05

36.093の数値ではありませんが、数値を指定したら「New Seed」ボタンを押せばランダムに移動します。1回押せば一度配置され、2回目押せばまた別の場所にランダムに配置されます。
20141203_randomsizeTransforms_07

Scale Rangeに数字を入れると形状が歪みますので、
20141203_randomsizeTransforms_09

Uniform Scaleにチェックを入れると形状を保持したままランダムに配置する事ができます。
20141203_randomsizeTransforms_10

Rotate Rangeに360と数値をいれば回転もするので、こんな感じで色々な方向に向いた建物を作る事もできますよ!
20141203_randomsizeTransforms_14

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする