3DCGの勉強がしたいなら!お金が無くてもドスパラなら毎月7000円払うだけで15万円のパソコンを買えますよ!


↑2014年にドスパラで買った勉強用のパソコン。今では自宅で仕事に使っています。あの時買っておいてよかった…。


3DCGクリエイターとして働くなら、学生時代にはパソコンを買っておくべきです。これ当たり前でしょ。僕が学生時代の時に「パソコンは高くて家で作業ができないけど、就職してから買おうと思ってるよ。」と言ってる人がいたんですが、それって



野球選手がプロ野球選手になってからバットを買うと言ってるのと同じ事。


自主練習もしないで学校の課題だけやって就職しようとか甘いです。人手が足りない業種だからそれでも雇ってくれる会社もあるけど「そんな会社大体ブラック」だろうし、自分のやりたい仕事も出来ません。こういう作品作りたいから3DCGクリエイターになるんだ。という目標がない状態で適当に就職すると「リアル系作りたかったのに萌え系かよ!」というギャップに耐えきれずに直ぐに転職するかもしれないので、自分の入りたい会社とマッチする作品作りをしておくべき。だから自主制作はとっても大切で、その為のパソコンは買うべきなのです。


「そうは言ってもパソコンは何十万円もするのでやっぱり買えないんだよ…今すぐにお金のない僕でも変える方法があるなら別だけど….」


今お金が無くてパソコンが買えない。と思っているなら大きな間違いですよ。



例えば、ドスパラのサイトで販売している1080Tiを搭載しているクリエイター向けパソコンの一番最上位モデルraytrek-V XZ-Xが¥289980円しますが、これが月々たった¥13100円払うだけで今直ぐに購入できるので、アルバイトしながらでも最新のパソコンを購入する事が可能なんです。



毎日家で3DCGの勉強をして腕を磨きハリウッドで活躍出来るクリエイターになるんだ!と思っているのに、パソコンを買うお金が無いから、学校が休みの日はゲームをしているだけだったら、腕が磨かれない時間が勿体無いですよね?


人より良い物を作るためには人より時間を掛けて努力をしなければ作れません。特に3DCGは覚える事が沢山あるので1日中触っていなければ直ぐに忘れてしまう事が多いです。学校では人が沢山いて集中出来ないから、家で集中してがっつり作業すれば直ぐに作品も完成するのにお金が無いからパソコンが買えないと思っていた….。


そう考えれば新しいパソコンを月々13100円はらうだけでハイスペックのパソコンが購入出来るってとっても安いと思うんですよ。


アルバイトをしてからパソコンを買うより今買ったほうがお得な理由


・3DCGの学校に通いだして家に良いパソコンを買って勉強したいから1年間アルバイトをしてから購入した。という人と、

・3DCG学校に通いだしたから、直ぐに良いパソコンを購入してアルバイトもした。


これら2人の人は、どちらがパソコンを多く触り技術が身についたと思いますか?同じ値段を払ってパソコンを購入したのに、後で買った人の方が損をしている事になりますよね。


払う金額はどちらも一緒なのにパソコンを直ぐに購入する事が可能となる”分割払いの金利手数料無料キャンペーン“を使って直ぐに買ったほうがお得なんですよ。



特に若い時は勉強を吸収するスピードも段違いに速いので、就職するまでの時間を大切にした方がいいですよ。今の時代iphoneでも色々な事を調べるのに事足りてパソコンが使えない人が増えているそうですが、パソコン操作に慣れるという観点でも早めに購入した方が就職で有利に進む事になるのは間違いないです。


先程は一番高いパソコンで月々1万3100円払うと書きましたが、僕が次に買うなら欲しいと思っている14万9千円するreytrek-V-XTでは、月々たったの¥6800円で購入する事ができて、



VIVEに至ってはたった¥3800円で購入する事が出来るんです!安い!!


トップクリエイターになりたいならパソコンの1台ぐらい家にないと…。

3DCGクリエイターとしてお金を稼ぎご飯を食べて行こうと思っているのに、自分の仕事道具1つ持ってない人がトップクリエイターになれる訳ありませんよね^^;働いてた会社でも凄腕の人たちは家にハイスペックパソコンがあり、仕事が終わってから作品作りに没頭している人達でしたからね…。


僕も2014年にドスパラで、金利手数料無料キャンペーンを使ってカスタムした18万円のパソコンを買いましたが、今でも現役で動作しているので自宅で仕事をやっていますよ。あの時高いと思って買ったパソコンだったけど、それがお金を稼ぐ道具になっています。息抜きのPUBGが最高に面白くてやばいですがww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も読まれています。