27歳 3DCGアニメーター志望の方からポートフォリオの相談を頂きました。

当ブログにてこれから3DCG業界に進もうとしているアニメーターの方からメールを頂いたので本人許可の元記事にさせて頂きました。

メッセージ本文:
初めまして、27歳で今年から3DCGを勉強しているMと申します。
ブログ拝見しまして、私もワークポートに登録してみようかと思いました。凄く勉強になっています。ありがとうございます。

私はもともと映画やゲームのCGに興味があり今年通信コースで3DCGを一通り勉強して、CGアニメーションが面白かったのでそこを重視し、これから就活しようかと考えているのですが、デモリールの作品集(歩き、走り、動物や格闘アクション、リップシンク、感情シルエットなど)は頑張って作ったのですが、これだけでは不十分なのでしょうか。

必要条件を見るとポートフォリオと書かれている物が多い気がしていて、参考のポートフォリオを見ると皆さんショートムービーの説明をしていました。
僕はサイクルアニメーションなどの動画なのでそういった方が作るポートフォリオが分からないんです。

どうしたら良いでしょうか、、、

良かったらお返事頂けたらと思います。

元3DCG業界で働いてたModelinghappy管理人からのお返事

やる気があって素晴らしいですね!前職は病院で働いていたという事でお給料は下がってしまうかもしれませんが自分のやりたい道に進むのは十分ありだと思います。


僕も27歳の時に1年学校に通い脱サラして3DCG会社に転職しましたので同じ境遇ですね。非常に気持は分かります。ただ毎日夜は遅いし給料も労働時間に比べて少なく、見込み残業代としてしっかり残業代を払ってくれなかったので結果として僕は3DCG会社を辞めてしまいましたが、3DCGを作っている会社ってどんな環境なんだろう?というのを肌身を持ってしれたことは自分の中でとても良い経験となりました。


Mさんのデモリールを見ていないので正直何ともですが、そこの通信コースの過去の生徒さんも同じ課題でクオリティも申し分ないなら就職は大丈夫だと思います。


CGを教える学校ではディズニーの様に手付けで何も無い状態から付ける事を教えますが、アクターさんから読み取った位置情報を元にモーションビルダーのデータを調整する仕事が多いので、そこまで変な作品を作っていなければ受け入れてくれる会社さんは多くあると思います。特に映画のエンドロールを見てもアニメーターさんの比率は多いので需要は十分にあります。


ポートフォリオも自分では頑張って作った!と書かれてますが、頑張ってというのは他人が評価する部分で実際自分の作品はどう評価されるんだろう?と不安に思っているなら、youtubeにアップしたりSNSで上手い人に連絡をしてみたり、それこそ文中にも書いてましたが転職企業のワークポートに登録して履歴書の作り方などアドバイスを貰いながら面接をしたら案外すんなり就職が決まってしまった。という事も十分ありえます。


内定が決まるまでは1人での就職活動は何かと大変でいつも心がピリピリしてしまうかもしれませんが、そんな時に親身に相談に乗ってくれるワークポートの担当の人はとても心強くなります。特に3DCG業界ではブラック会社が多くあるので残業が少ない会社を探して貰うこともできます。僕が実際にワークポートでお願いした時の記事はこちらにかいてます。


あわせて読みたい


毎月の生活費もあると思うので考え込まずにポートフォリオをが出来ているなら一度面接をして見るのが良いですよ^^ 僕も行動するまでは怖かったし、初めて応募した会社で書類落ちした時はどん底まで下がりましたが、他の会社では内定を貰う事ができましたからね。会社によっても今必要としてる人材が違うので、そういう事も転職会社を通すと事前にやり取りをしてくれるのでスムーズに話が進む事ができるんです。前向きな気持で頑張ってみてください!また結果があれば報告待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も読まれています。