人体構造を理解する為に、アナトミーフィギュアが欲しい!

20141214_anatomy_000

何を作るにも資料というのは必要になりますが、人体を作る上で必要になるのが筋肉や骨の構造が分かる書籍を見ながら勉強してましたが、腕のねじる部分や、脇腹から後ろにかける繋がり部分などが、書籍だと分かりづらいんですよ・・・。


一説によると正確な人体を作るには10年以上掛かると言われていますが、それでもある程度の筋肉の構造などは理解しておきたい時に便利なのが、人体模型のフィギュアです!


ジョージルーカスも認めた人体模型を作るAndrew Cawrseさんによって作られたアナトミーフィギュア。大きさは高さ61cm×横25.5cm×13cm。実物を見た事がありますが、かなり大きく迫力があり勉強になること間違い無しだったので欲しいんです・・・!
カラーモデルは筋肉、骨、毛細血管が色分けされてるので分かりやすいですが、なんとも人体模型感が強くて、彼女からは恐いから買わないでほしい!と言われてます・・・。しかし仕事の為にやっぱり必要不可欠な物なのでニート脱出したら買います!ちなみにお値段は約5万円!!白黒は4万円とかなり値が張る代物ですが、それでもしっかり人体の構造が分かるなら安いもんです。昔の人は死んだ人を解剖して勉強したぐらいなんですからね。
20141214_anatomy_00

どのショップも在庫が無い・・・。

しかし購入しようにもアマゾンでは在庫切れ、楽天でも在庫が無く、あるとすればでアナトミーフィギュアと検索すればヤフオク!で販売してる人がいるぐらいで、日本でのショップ販売が0近く、あとは海外のanatomy toolsというアナトミー販売ショップから購入するしか手が無いんですよ・・・。ちなみにこちらにはアンドリュー先生以外のアナトミーも販売されてます。英語が読める人はそこから買うのもありです。

高い上に手が入らないので、中古商品が出品されてもほとんど定価と変わらないで、高額落札されてる。
20141214_anatomy_09

欲しすぎるので、アナトミーを購入したブログをあさってみました!

アナトミー ザ ゴー!ゴー!!!
20141214_anatomy_01

「アナトミー(人体模型)フィギュア 男性Ver,1」の製品レビュー
TS3E0309

2011.04.05 今週の衝動買い ページ中段ぐらいです。
20141214_anatomy_03

彫刻の資料について
20141214_anatomy_05

【アナトミーフィギュア 男性 アートプロモデル】レビュー
彫刻の資料について
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1/3 人体模型女性 VER.3(1)
20141214_anatomy_07

太郎君と花子さん
20141214_anatomy_08

アナトミー人形が欲しい!!購入した人がうらやましい。なおかつ入手困難となると余計に欲しい!ZBrush デジタルスカルプティング や、片桐裕司 造形テクニックルーミスのやさしい人物画を読んだりしたけど、やっぱり腕の筋肉が分かりづらいんですよね。購入したら360度撮影した画像をアップして資料を作ったる!しかし、資料としたらカラーがみやすいけど、ずっと飾っておくのにカラーは格好わるいんだよね。。理科室みたいになるんだよねーという事でグレーが欲しい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする