Zbruhsでラフに作ったアーマーパーツをMAYAのモデリングツールキットで綺麗にリトポするチュートリアル動画

Pocket

ZBrush+MAYAでアーマーパーツを作り上げるチュートリアル動画です。

ZBrushのモデルをMAYAにインポート。ラフモデルなのでガタガタで汚いですが、

MAYAのModeling tool Kitでリトポして

Crease edgeで角を立たせたいエッジを設定します。

3番キーを押すと、Crease設定した部分が鋭角にパキッと立ち、綺麗なモデルを作る事が出来ました。何もない状態からMAYAでモデリングするのは時間がかかりますが、ささっとラフを作ってリトポするのにもZbrushは使えるよという動画です。

ZBrushをこれから始めようと思ってる人はこちらをそうぞ。

こちらの記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。