ブーリアン機能を使わないでMAYAで綺麗に穴を開ける時のテクニック”Project Curve on Mesh”を使った方法。

Pocket


MAYAで一般的な穴を開ける方法としてはブーリアン機能を使う方法がありますが、ポリゴンモデルを用意してカーブを作ればカーブで描いた部分を綺麗に穴を開けたり分割出来る方法をご存知ですか?

スポンサードリンク

まずは穴を開けたいポリゴンモデルを用意

CV Curve toolで

正面からカーブを描きます。

ポリゴンを選択してからCV Curveを選択してツール上の”Edit Mesh“から”Project Curve on Mesh“を選択します。

するとナイフで切られたようにカーブがポリゴンモデルに吸着するので

アウトライナーから”ポリゴンモデル”と”polyProjectionCurve1″を選択して

Edit Mesh“から”Split Mesh with Projected Curve“をクリック

するとポリゴンが綺麗に分割されて別れるようになりました!!便利!!

こんな事もできますよ。

ただし、一見綺麗なカーブが出来てますが転写された部分は無駄な頂点が沢山作られているので、ここからポリゴンを綺麗にする作業が発生しますが、穴の開けたい部分がアタリとなり分かりやすくなるメリットがあります。あまり知られていない機能なので是非覚えておいてくださいませ^^


ハードサーフェースの勉強をしたいならコチラの本がおすすめです。仕事中は何度も助けられました。

こちらの記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。