MAYA ポリゴンを選択する時に使う「Marquee」と「Drag」と便利なショートカット

ポリゴンや頂点、エッジを選択する時に使うMAYAの選択ツールの「Marquee」と「Drag」。頻繁に使う基本的な機能だからこそ、改めてその使い方を書いてみました。

見えてる部分を前も後ろも選択してしまうMarquee

Marqueeを選択すると、白い点線で囲った部分だけが選択されます。囲った部分だけといっても、

21041231_commonselectionoptions02

正面と後ろでみるとこんな感じで、Frontビューから点線で囲ったとしても、囲った部分の後ろも貫通して選択されますが、後ろは選択したくないという時もありますよね。

21041231_commonselectionoptions01

貫通する後ろは選択したく無いCamera Based selectionにチェック!

チェックをいれると、先ほどと同じ領域を点線で囲ったとしても、
21041231_commonselectionoptions04

Cameraから見えてる部分だけしか選択されなくなります。カメラから見えてない後ろは選択されなくなるんですね。
21041231_commonselectionoptions03

特定部分だけを連続して選択したい時に便利な「Drag」

今度はMarqueeの下にあるDragを選択すると、点線で囲って選択するのとは違い筆が表示されます。
21041231_commonselectionoptions05

これで選択すると、1つ1つのポリゴンを連続してダダーっと流れる様に選択出来る様になるんです!これも非常に使える選択ツールですよ。
21041231_commonselectionoptions06

TabキーでMarqueeとDragを入れ替えれるショートカットが便利!

MaqueeもDragもどちらか片方だけを使うという事はなく、どちらも頻繁に使いますが、一々左のツールからボタンを押してツールを切り換えるのが面倒だと思ってたら、

「Marquee」を選択した状態で、「Tabキー」を押せば「Drag」に切り替わり、「Tabキー」を離せばまた「Marquee」が選択されるという便利なショートカットがありました!

基本的にMarqueeを選択しとけば、いつでもDragも使えるという事で非常に便利です!覚えておいて損はないとおもいますよ!

21041231_commonselectionoptions_01

ちなみにModoだと一々選択ツールを切り換える事無く簡単に選択が出来ます。Mayaのモデリングはなんでこんなにやりづらいんだろうね。。という人はこの本がおすすめです。

Autodesk Mayaキャラクターモデリング造形力矯正バイブル -へたくそスパイラルからの脱出! ! -

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする