MAYA

MAYA 1枚のテクスチャの色を複数の色に変更する「リマップHSV」の使い方

MAYAでは1枚のテクスチャの色を「リマップHSV」を使う事で変更して複数の色に変更する事が出来ます。

これの何が便利かというと、UV展開する時には1つのモデルに1枚のチェッカーマップを使うよりも、質感の違うマテリアルごとに色のあるチェッカーマップを貼り付ける事で、質感の違いとUVがしっかり展開されているのが分かりやすくなりますが、色を変えたチェッカーマップを何枚もフォトショップで作って用意しなくても1枚のチェッカーマップがあればMAYAの「リマップHSV」を使うと複数の色に変更する事が出来るんです。

使い方は簡単で、シェーダーから「リマップHSV」を用意します。

通常マテリアルのカラーにチェッカー画像を貼り付けますが、その間に「リマップHSV」をはめ込みます。「テクスチャ」→「リマップHSV」→「マテリアルカラー」の順番です。

リマップHSVには色相・彩度・値の数値を変更できますが、この「色相」を変更する事でテクスチャの色を変更する事ができるので、1枚のチェッカーマップを何枚も用意する必要がなくMAYAの中だけで完結する事が出来ます。

もちろんチェッカーマップの色を変更する為に使っていますが、カラーテクスチャの色を微調整する時に一々フォトショップで調整するのが面倒な時にも使う事が出来ます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。