モデリング

「Cablerator」ブレンダーでケーブルを作るのが高速になるアドオン!

Blendermarket Cablerator

CableratorはBlenderでケーブルを描くのが便利になるアドオンです。ケーブルを設置したい2つのポイントをクリックするだけでケーブルを簡単に作成出来て、複数のケーブルをまとめて配置も可能。手書きでモデルに沿ってケーブルを描いたり、複数配置したEmptyを選ぶだけで垂れているケーブルを作成可能で、ケーブル接続部には用意したモデルを配置してジョイントパーツを追加する事も出来ます。

Blenderでケーブルを配置するならCableratorを使えば全て解決すると言えるアドオンとなっています。お値段は個人ライセンスが10ドルで、60ドルからスタジオライセンスとして使う事が出来ます。これは実用的ですね。

複数ある同じケーブルも配置したい場合は、2箇所をクリックするだけで設置可能


手書きでカーブを描いて


ケーブルを描いて


2つのケーブル同士も簡単に接続可能


途切れているケーブル同士も


1クリックでつなげて


簡単に長さを調整出来ます


Emptyを複数配置すれば


垂れているケーブルを追加可能


カーブの接続部分にモデルを配置したい場合は、

配置したいカーブのポイントを選んだ状態で「Add Conectors」を押すと


接続部分に用意したモデルを配置出来ます。


他にも用意したモデルをカーブに配置したい場合は


カーブに沿わせてモデルを配置出来て


位置を調整する事が出来ます


カーブを選んで「Convert Curve to Mesh Cable」を使うと


紐のような形状を作れたり


別でモデルを用意しておけば


溝のあるモデルを作る事も出来ます。


詳しくはBlendermarket Cableratorよりチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。