モデリング

Photogrammetry Course どのように写真から調リアルなモデルを作成してブレンダーに読み込むのか1から丁寧に解説してる動画

[Pre-Order] Photogrammetry Course: Photoreal 3d With Blender And Reality Capture

単なる3Dアセットではなく他に類を見ない写真から超リアルな3Dアセットにテクスチャを作成する方法を勉強出来るチュートリアル動画が販売開始されました。写真の撮影からBlenderのビューポートでのベイク処理されたテクスチャを使用してフォトスキャンする方法を学べます。

含まれている物は、12時間以上のチュートリアル動画、80以上のビデオ、2つのワークフロー、写真測定をする上での最も効率的な方法です。

動画はBlendermarketで2021年12月21日の正式発表までプレオーダーとして22%引きの59ドルで販売されています。

第1章ではスキャンする上で最適なカメラの設定方法と撮影パターンにRAW写真を無料で処理できるソフトDarktableの使用方法を学びます。

第2章ではReality CaptureとBlenderの写真測量の基本について学びます。

第2章のBでは実際の物を部屋の中に360度回転するお皿に乗せてライトを設定してスキャンしてリトポロジが少なく綺麗なモデルを作る方法を学びます。

第2章のCでは無料のオープンソースMeshroomを使用して高品質なスキャン方法を学びます。

第3章のAではマテリアルの抽出方法を学びます。オブジェクトを撮影したいだけではなく、モデルの表面のテクスチャをRealityCaputer、Blender、GIMPを使用してタイリング可能なPBRマテリアルを作成する方法を学びます。

第3章のBではBlenderでハイトマップをブレンドしてより説得力のある表現方法を学びます。

第4章では放棄された建物をどのようにスキャンして大規模な3Dアセットを作成するのか方法を学びます。

第5章ではスキャンしたバイクモデルをBlenderでリトポロジして綺麗なモデルを作りベイクする方法を学びます。

ボーナス特典として、コース中に作成したスキャンして廃棄された建物をBlenderで作成する方法と、写真とテクスチャ付きのブレンダーファイルをダウンロード出来ます。フォトスキャンされた東ヨーロッパの都市と小道具と地面のテクスチャは全て商用でも自由に使用出来ます。

注意点として、写真から3Dアセットを作成する為に一眼レフカメラまたはミラーレスカメラの使用が求められていますが、最悪スマートフォンを使用してスキャンする事も可能と書かれています。また撮影して作成した3DモデルからBlenderを使用して綺麗なモデルを作る方法も解説されるので、ある程度Blenderを触れる事が前提とされています。3DスキャンするにはRealityCaptureを使用するので、使用するためのクレジットの料金分を用意しておく必要があります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − 14 =