アドオン

Rantools ブレンダーでモデリングするのに多機能アドオンがバージョンアップでHDR Libraryや高速カッターなど追加でより便利になりました

Rantools (And P-Cutter) All-In-One Addon

Blenderでモデリングする上で便利な機能がセットになっているアドオンRan Toolsがバージョンアップしてさらに多くの機能が追加されました。

ボタンクリックで専用ウィンドウから選んだHDR画像をダウンロードすると自動的に表示され、ボケ幅に色味を調整したりできるHDR Libraryや、P-Cutterに高速カッターモードが追加されCtrlを押しながらdrawを選ぶ事でモデルをカットしたり、グリッドを使いモデルに穴を開けやすくなりました。

また、マテリアルライブラリーがアセットブラウザをサポートするようになったり、メッシュが面の反対側にある場合でもリメッシュしてシミュレーションを掛けて部分的にクッションの様に膨らませたり、複数のケーブルを一度に作成してシミュレーション出来たり、ベイクツールの更新や、Rantoolsのアドオンを英語表記ではなく日本語で分かりやすく利用出来るようになりました。もちろん今回の機能はごく一部で他に沢山の機能が詰め込まれています。

Blendermarketで全部機能入りが27ドルで販売されていますが、クーポンコード「mhappy」を入力する事で最初の25人だけ25%オフで購入する事が可能です。

HDR Library
選んだ画像が自動ダウンロード表示されて後から色味などをアドオンから調整する事が出来ます。

P Cutterの高速カッターモード
エッジを切り落としたり穴を開けたり、サクサクモデル形状を作る事が可能になっています。

Cloth 
以下の様なメッシュが面の反対側にあるモデルでも使用できるようになりました。

Cables simulations
複数のケーブルを一度に作成してシミュレーションして垂れ下がった形状を作る事が可能になりました。

Ran toolsを使うとブーリアンした後のエッジ形状を綺麗にする事も可能など様々な機能があります。モデリング作業を便利にしたい人はチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty + 4 =