アドオン

Principled Material Layers ブレンダーでマテリアル同士をペイントで重ねて部分的に表示出来る無料アドオン

Principled Material Layers

Principled Material LayersはBlenderでマテリアルをレイヤーでペイントして重ねることが出来るアドオンです。1つのモデルでも部分的に様々な質感を表示する事が可能になり、アニメーションさせる事で徐々に錆びたモデルを表現する事も出来ます。

マテリアルを追加してテクスチャペイントモードでペイントできるシェーダーエディタに「マテリアル レイヤー」ノードを追加することで機能します。マテリアルレイヤーノードは、各レイヤーのペイントされたアルファに基づいて、複数のマテリアルのチャネル (ベース カラー、ラフネスなど) をブレンドします。 有効化された各チャネルには、ノード上に対応する出力ソケットがあり、Principled BSDFノードの入力ソケットと一致しますが、任意のチャネルを追加できます。

現在UDIMに対応しておらずベータ版の為バグがある可能性がありますがgithubより無料ダウンロードして使用する事が出来ます。

  • 同じブレンドファイル内の既存のマテリアルを使用するか、アセット ライブラリ (実験的) から直接レイヤーとして使用します。
  • レイヤー スタック内のマテリアルは、いつでも自由に編集または置換できます。
  • マテリアルのノード ツリーに 1 つのノードを追加するだけです。
  • Principled BSDF ノードからの任意の入力ソケットをチャネルとして使用することをサポートし、チャネルを追加できるようにします。
  • レイヤーの各チャンネルのブレンド モードを個別に設定するか、チャンネルを完全に無効にします。
  • ノード グループをカスタム ブレンド モードとして使用します。
  • ノードベースのマスクをレイヤー スタック内のレイヤーに追加します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − twelve =