MAYA

MAYAでトゥーン表現が出来るPencil+のベータ版が配布されています

ダウンロードはこちらから Pencil+ Beta for Maya

MAXでしか使えなかった3Dモデルを2Dアニメ表現にするプラグインのPencil+が遂にMAYAバージョンでのオープンベータテストが開始されました。

テスト期間は2018年7月2日~2018年8月31日までで公式サイトの申込みフォームから応募すれば誰でもダウンロードして使うことが出来るようになります。

Pencil+って何?という人はこちらの動画を合わせてみてください。

Pencil+ 4 for Maya とは

「 PSOFT Pencil+ 」は、高品質なノンフォトリアリスティック レンダリングを可能とするプラグインソフトウェアです。

表現力の高いマテリアル機能と 3ds Max 版と共通のラインレンダリングエンジンを搭載し、高速で高品質なレンダリングを実現しています。

ノードベースで柔軟性の高い作りの Pencil+ 4 ラインは、 Maya のネイティブな機能のように統合され、ライン機能を制御しやすい専用の UI を実装しました。すでに 3dsMax 版を使用されている方は、容易に Maya 版の Pencil+ 4 を使用することが可能です。

また、 Maya 版 Pencil+ 4 のライン情報は、 Pencil+ 4 Line for After Effects で再編集することもできます。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。