新作ゲーム情報

「GeForce NOW Alliance」クラウドサービスで高性能ゲーミングPC不要の時代がやってくる!

NVIDIAはソフトバンクと提携して2019年末に国内でRTXクラウドゲームサーバーを展開して、Macやスマートフォン、性能の悪いパソコンでも、どこでもハイエンドゲーム体験が出来る「GeForce NOW Alliance」を発表しました。

スマホやパソコンで操作すると、サーバー側でゲームを実行してリアルタイムで動画に変換してユーザー側に反映する仕組みでRTX2080と同等の性能でプレイ出来るとのこと。

これによって今までゲームをするなら性能の良いパソコンを買う必要がありましたがその必要が無くなり、ソフトバンクの5G回線とWi-Fiを使い遅延を感じる事なくプレイする事が可能になるそうですが、一体毎月のサービス料金がいくらになるのか気になる所です。個人的には980円だったら加入してみたいですね。

ソニーや任天堂のように最新ハードを買わなくても最新ゲームをプレイ出来るのが当たり前の日がくるんでしょうか。

ソフトバンクがNVIDIAの「GeForce NOW」を2019年末に国内展開予定

GeForce NOWがワイヤレスVR&ARに対応し,RTXクラウドゲームサーバーはソフトバンクが2019年後半に国内展開――NVIDIAが発表

3月18日、NVIDIAは、Optix RTXレンダリング、ゲーム、VRおよびAR、そしてプロフェッショナルなビジュアライゼーションアプリケーションに利用できるNVIDIA RTX Serversラインナップの拡大を発表しました。 RTXサーバーは、最適化により、クラウドゲーム事業者があらゆるデバイスに高性能でゲームをレンダリングしストリーミングすることを可能にします。

GeForce NOWはワイヤレスVRとARを有効にし、デバイス上で高品質で要求の厳しいVRを体験することを可能にします。 NVIDIAは、GTCでクラウドベースのハードウェア上で実行されているAR / VRデモを展示します。

Macのゲーマーに慣れ親しんだ今、BootcampやParallelsなしであなたのMac上でどんなPCゲームでも遊ぶことができます。それはまたMacOS 10.10またはそれ以上をサポートします。サポートされているすべてのGeForce NOWタイトルはMac上で動作します。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS、Fortniteなど、Steam、Uplay、その他の人気デジタルストアの400以上のトップゲームがサポートされているので、どこにいてもほとんどのデバイスでお気に入りのPCゲームをプレイできます。パーソナルゲームライブラリからゲームを選択するか、新しいゲームを購入してください。新しいゲームは常に追加されます。あなたがGeForce NOWクラウドサービスからストリーミングするとき、あなたのお気に入りのタイトルはより速くロードして最新のパッチを最新に保ちます。

GeforceNowを使えばパッチやドライバのアップデートは長い待ち時間なく直ぐに終わらせる事が出来る。

現在GeforceNowのベータ版に参加出来るのは北アメリカかヨーロッパの人だけです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。