blender

Blenderでキャラクターを作れば知識がなくてもアニメーションを簡単につけれる「mixamo」の使い方


Adobe mixamo

ブレンダーで作ったオリジナルキャラクターを約600種類の動きの付いたモーションデータのあるmixamoのサイトに読み込むと、簡単にリグをセッティングしてくれて自動でキャラクターにモーションデータをつけて、そのデータを書き出してブレンダーに読み込むまでの一連の流れを説明しているチュートリアル動画が公開されています。

ブレンダーでオリジナルキャラクターを作ってリグを入れてアニメーションを1から付けるのは大変ですが、キャラクターを作ればあとは簡単にアニメーションをつけれるとCGの楽しさを体験出来るので是非試してみてください。

ブレンダーで作ったキャラクターを

obj形式で書き出したら

mixamoのサイトでインポートして丸いリングの輪っかを関節部分に配置すれば自動で設定され

左側に表示されているアニメーションのライブラリから好きな動きを選ぶと、読み込んだモデルにリアルタイムにアニメーションが反映されるので、アニメーションデータとリグデータを書き出して

ブレンダーにインポートしてアニメーションを作る事が出来ます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。