blender

「Retopoflow」Blenderで手動リトポロジーする時に便利で強力なアドオン

Retopoflow – Retopology Tools For Blender

Blender標準機能だけでは高解像度のモデルに面を手動で貼り付けていくリトポロジー作業は難しいですが、そんな時にリトポロジー作業をもっと効率的にしてくれるアドオンが「RetopoFlow」です。有料で86ドルしますが、トポロジーを綺麗に作り替えたい時には使いやすい機能が揃っているので時間短縮にもなります。これがなければBlenderでのリトポロジー作業は始まりません。

Retopoflowで何ができるのか解説している動画

日本語でRetopoflowの機能を解説している動画

Contoursツール 円筒形の形にポリゴンをすばやく作成できます。


POLYPENツール 頂点の挿入、エッジの押し出し、面の塗りつぶしが可能になります

POLYSTRIPSツール  ラインを1つ描くと面が張られて位置や角度を調整する事が出来ます

STROKESツール ラインを2つ描く事でその間に自動で面を貼ってくれます


PATCHESツール ポリゴンの間をなぞるように選択すると面を貼れるようになります


その他にもループツールや、ポリゴンの流れを滑らかに出来るリラックスツールなどが搭載されています。値段は高いですが高解像度メッシュをリトポロジーする場合は欠かせないソフトです。

Retopoflow – Retopology Tools For Blender

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。