Photoshop

1.5倍速度アップ Photoshopが新しいAppleシリコンプロセッサのネイティブサポートを備えたバージョンを発表しました。

Photoshop for Apple Silicon

アドビは最新の2021年3月のアップデートにより、Photoshopが新しいAppleシリコンプロセッサのネイティブサポートを備えたバージョンを発表しました。ユーザーはAppleの新しいM1チップを使用して、前世代の1.5倍の速度でMac上でアプリを使う事が可能になります。ただし、全ての機能がネイティブモードではまだサポートされていないことに注意してください。以下がまだ未対応の部分となっています。

  • 埋め込まれたビデオレイヤーのインポート、エクスポート、および再生
  • ぶれの軽減フィルター機能
  • プリセット同期
  • 画像の共有ボタン/クイック共有
  • ドキュメントから新しいライブラリを作成/ライブラリパネルメニューコマンド
  • ホーム画面>あなたと共有し、編集/共同編集機能に招待する
  • U3D形式のファイルを開くまたは配置する
  • PhotoshopメニューからBridgeを開始する

データの保存やフィルタ処理からすべてのツールにおいて速くなった事が感じられるそうなので、色々と問題も多いM1Macですがもう少し使えるようになったら購入して検証してみたいと思っています。

公式サイト Adobe Photoshop

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。