便利なソフト

Light Tracer Render 1.9.1 リリース!フォトリアルGPUレンダラーfor Windows&Mac!Webブラウザ版も登場!


Light Tracer Render

Light Tracer Render 1.9.1 for Windows & Mac がリリースされました。Light Tracer Renderは、全て最新GPUで動作する物理ベースのレンダーです。シンプルなインターフェイスはフォトリアルな2D画像や3D回転モデルを最小限の作業で作り出すことを可能にし、レンダリングは驚異的な速さで行われます。Light Tracer Renderはエンジニア、デザイナー、建築家の要望に基づいて開発されていますが、プロダクト製品、インテリア、広告、産業、宝石デザイン等の分野においても使用できます。PBR素材を設定出来るので金属、塗料、木、ゴム、ガラス、宝石、プラスチックなどのリアルな質感を表現出来ます。

対応フォーマットはOBJ、STL、(zip) glTF2.0、GLB、FBX、DAE、VOX、および中立的なSTEP/IGES CAD等の3Dフォーマットをインポートすることが可能です。Light Tracer Renderは扱いが簡単です。カメラ、マテリアル、ライト、オブジェクトの位置はビューポート上ですべてリアルタイムに変更され最終的なレンダリング結果を確認しながら作業出来ます。

インターフェイス画面はユーザーが作業しやすいように作られています。

新しい主な機能

Light Tracer Renderは、Blender (Cycles および Eevee) や LuxCore などの他の 3D レンダリング ツールと互換性のある素材モデルも対応するになりました。ユーザーは既存のスキルで素材を簡単にカスタマイズできます。またマテリアルでは、光沢、異方性 、サブサーフェス などの効果をシミュレートすることもできます。


氷、すりガラス、透明な粗いプラスチック等、分散性に優れた粗いガラス素材に対応してユーザーの為により使いやすくなりました。


透明なオブジェクトやマテリアル (ダイヤモンドやその他の宝石等) のエッジに色を付ける事でよりリアルなレンダリングが可能になりました。


新しいマテリアルライブラリは布、プラスチック、セラミック、皮革、金属、自動車の塗料、100を超える素材を使用可能です。

改良されたシャドウ キャッチャーは、反射とシャドウの両方を受け入れることが出来ます。永久ソフトウェア ライセンスの費用は49ドルで、サブスクリプションは1か月7ドルです。試しに使ってみたい人は14日間無料で全ての機能を使用する事が可能です。

またWindowsとMacOSサポート以外に、基本的な機能が無料で使えるLight Tracer Render onlineウェブブラウザー用バージョンもあります。ウェブバージョンではいくつかの機能はサブスクリプションでのみ使用できて、14日間の試用期間終了後は有料となります。シンプルで高速なレンダーを非常に手頃な価格で探している人には使えるソフトとなっているので試してみてはどうでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。