3dsMAX

ハードサーフェスモデルを作る時に一度ペイントしておくことで形を作りやすくするチュートリアル動画

ハードサーフェースモデルで溝など形状を作っていく時に、いきなり形を作っていくのではなく大まかな形状を作ってからパーツを作りたい場所にペイントして再度リトポして形を作っていく方法でモデリングする動画が公開されています。

この方法など、どこにどんなパーツを配置したいのか全体を把握してから作る事が出来るのでモデリング手法の1つとして覚えておくといいかもしれません。動画では3dsmaxで紹介されていますが他ソフトでも似たように作る事が可能です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。