テクスチャ関連

Procreate時期バージョンに3Dペイント機能が追加されます

Procreateの時期バージョンにブラシエンジンと画像効果を使用して3Dモデルにペイントできる機能が追加予定です。UVマップをペイントする準備ができているUSDZまたはOBJファイルをインポートすると、レイヤーからカラー、ラフネス、メタリックなどに切り替えてテクスチャを作成する事が可能。HDRI画像を使用する事も出来ます。チームは新しいアクセシビリティ機能に加えて、新しいM1チップの完全な最適化を約束します。

このアプリはARサポートも受けて、ユーザーが拡張現実などを備えた現実世界のテクスチャ3D作品を見ることができるようになります。 一部のユーザーはすでに新しいツールのテストを開始し、Twitterを介してアップデートに関する考えを共有しています。

ipadで3DスキャンしたモデルをProcreateでペイント出来る楽しい遊びが増えそうですね。購入してからあまり使っていなかったアップルペンシル2が復活しそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。