MAYA

UDIM Packing Toolbox for Maya テクセル密度を保持したままUDIMタイルをパックしたり出来る多機能UVツール

UDIM Packing Toolbox for Maya

Mayaでテクセル密度を壊すことなくUDIMタイルをインタラクティブにパックするか、ワールドスペースの場所に基づいてタイルを自動的にパックするMaya用スクリプトがGumroadで15.99ドルで発売されました。チェッカーの方向を揃える為に斜めになっているシェルを1クリックで角度を調整する事も出来たりと細かな機能もついています。

 

  • Mayaの再起動後に設定を記憶する特別なトグル画像調光オン/オフ
  • チェッカーマップのオン/オフを切り替え、チェッカースケールを増減します
  • UVシェーディング、UV境界線のオン/オフを切り替え、ビューポート、タイルライン、タイルラベル、使用済みUVスペースの割合0-1、およびUVシェルの数にメッシュエッジを表示します。
  • UVシェルを左、右、上、下に1タイル移動します
  • 新しいシェルを作成せずにUVを回転および反転
  • UVシェルをX、Y、Z、エッジ、UV、水平または垂直に向けます
  • パディングとマップサイズの入力
  • すべてのパッキング操作でシェルの自動回転のオン/オフを切り替えます
  • すべてのUVを0-1でパックするか、選択した0-1をパックします
  • 選択したUVシェルを0-1でパックし、結果のテクセル密度をモデルの残りの部分にシングルクリックで適用します。単一のタイルに収まる最大のシェルを選択し、他のすべてのシェルに正しいテクセル密度を自動的に適用するのに最適です
  • 選択したUVシェルを現在の選択ピボットにパックします。整理に最適で、適切なパディングを使用してシェルをすばやくクラスタリングします
  • 選択したシェルを垂直または水平の長方形にレイアウトします。ボタンをもう一度クリックして長方形を伸ばし、より長いクラスターを作成します
  • 特定のシェルを手動で配置してタイルに送信する場合は、自動パッキングのオン/オフを切り替えます
  • シェルを特定のUDIMタイルに送信し、シングルクリックでそのタイルの中央にパックします。同じタイルにさらにシェルを送信して無駄なスペースを埋めるか、特定のシェルをまとめて整理します。 1001〜1010ワークフロー用に設計された直感的な高速コントロールを使用してUDIMタイルを動的にパックします
  • シェルを次のタイルに送信して時間を節約し、リスト内の次のタイルに選択を送信するだけの場合はタイル番号を入力する必要がないようにします
  • 選択した各メッシュに関連付けられたシェルを、ワールドスペースの位置+ Xから-Xに基づいて、左から右にUDIMタイルに送信します。ワールドスペースの位置は、各メッシュのバウンディングボックスの中心によって計算されます。
  • マップサイズとテクセル密度の入力フィールド
  • UVツールキットにあるMayaの取得および設定テクセル密度ツールよりも大幅に高速な特別なコピー/貼り付けテクセル密度ツール
  • 設定はMayaの再起動後も保持されます

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − 12 =