3DCGソフト

Keyshot11 モデルに直接ペイント出来る機能や物理シミュレーションにCMF出力機能など追加

Keyshot11

Keyshot11がリリースされました。3Dペイント機能を使ってブラシでモデルの表面を直接ペイントする事が可能になったので、汚れを入れたりスタンプをペイントしやすくなったり、モデルの質感管理出来るCMFを簡単に出力する事が可能になったり、物理シミュレーションを使ってモデルの重力、摩擦力、弾力性などを調整してアニメーションを作る事が可能になったり、新しいKeyshotwebViewerで3Dシーンをブラウザ、デスクトップ、モバイルデバイスで1つのリンクで共有する事が可能になったり、ワークフローの自動化でレンダリングの自動出力やモデルのカラーバリエーションをかきだしたりする事が出来るようになりました。Keyshot11を試してみたい人はまずは体験版触ってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen − seven =