3DCGの勉強

Story Telling Environment Scene Creation Maya サブスタンスペインター Arnold等を使って物語を感じる背景シーンを作るチュートリアル動画がWingfoxから販売!

Story Telling Environment Scene Creation

世界中のチュートリアル動画を販売しているWingfoxのサイトでMaya Arnold サブスタンスペインター、メガスキャン、Nukeを使って1から物語を感じさせる背景シーンを1から作成するチュートリアル動画が販売開始されました。この動画は一般的なMayaの操作を覚えた人に適したコースで、メガスキャン素材と、無料のプラグイン等を使い1から建物と全体の雰囲気を作り上げていきます。このチュートリアルでは製作方法だけではなく、物語を感じさせるようなシーンを作るアプローチ方法も同時に学べる動画となっています。

教えてくれるのはPrasanthさん。シニアライティングロックデブアーティストで、得意な分野はコンセプトアートやビジュアル開発で今はルックデベロップメントとして活躍しています。

動画は合計23時間47分のボリュームで定価109ドルしますが今だけ59ドルでさらにクーポンコード「WFF15」を入力する事で15%引きで購入出来ます。動画を購入すると特典としてMayaのシーンファイルにサブスタンスペインターのテクスチャファイル、Nukeのコンポジットファイルをダウンロードする事が出来ます。

今回の完成を目指す画像は神秘的で物語を感じさせるこちらとなっています。手順を覚えて1度完成出来たら、次は自分のアイディアでオリジナル風景を作ってみてはどうでしょうか。

1.理論とリファレンス探し

まず初めにどのようなシーンを作るのか理論にもとづいたリファレンスを探します。

2.基本的なコンセプトレイアウトを作成

Mayaで基本的なモデルを配置して全体を作っていきます。

3.テクスチャリング

風景や小物のテクスチャをサブスタンスペインターとQuixelMixerを使って作成していきます。

4.スカルプトと散布

MayaのプラグインとMashを使って植物を散布します。

5.ライティング

風景全体を照らす基本的な照明を当てます。

6.レンダリングとコンポジット

シーンデータが完成したら最後にレンダリング設定をして必要なAOVsを書き出しコンポジットして完成です。


その他にもWingfoxのサイトでは様々なチュートリアル動画を販売しているのでこちらの動画もチェックしてみてください。

akamoto – Create a Realistic CG Portrait with Maya, Zbrush, Xgen, Arnold, and Mari
クーポン「WFF15」使用で15%引きになります。


【Blender総合学習の決定版!】Blender Aquarium
クーポン「WFF15」使用で15%引きになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

four × two =