モデリング

機械少女の3DCG制作を通して学ぶハードサーフェスキャラクターモデリング Maya Zbrush等を使って学べる日本人講師のチュートリアル動画がWingfoxで販売開始!


機械少女の3DCG制作を通して学ぶハードサーフェスキャラクターモデリング

世界中のチュートリアル動画を販売しているWIngfoxのサイトでCGプロダクションでディズニー「ファイアボール」シリーズ等に関わった後、CG学校で勤務しながら個人でも仕事をしている日本人講師Shogo Tsuburayaさんが、Maya、Zbrush、マーベラスデザイナー、サブスタンスペインター、フォトショップ、アフターエフェクトを使い機械少女という魅力的なメカキャラクターをオリジナルデザインで作成する考え方から、モデリング、衣装作成、PBRマテリアルから、Arnoldを使ったレンダリング、コンポジットまでを学べる動画が販売開始されました。

動画は合計9時間21分で定価149ドルしますが今だけ69ドルでさらにブラックフライデーで30%オフになるクーポンコード「BFCM」を使用する事が出来ます。動画を購入するとキャラクターのTポーズシーンに、スカルプト用のUV展開済みのベースジャケット、サブスタンスペインターに読み込めるUV展開済みモデル、金属などのスマートマテリアル6点セット、Photoshopコンポジット参考データ、アフターエフェクトコンポジット参考シーンをダウンロードする事が出来ます。

Mayaの基本的な操作からZbrushやサブスタンスペインター等モデラーとして必要なソフトの使用方法を学びながら作品を作り上げる過程を学びたい人向けの動画となっています。

1.photoshopを使って資料を探してオリジナルのデザイン画を作成します。

2.Mayaの基本的な操作を説明しながらデザイン画を元にキャラクターのシルエットを作成していきます。


3.細かなモデリングを追加してきます。


4.オブジェクトをマテリアルで別けて、UV展開してデータ整理をしていきます。


5.サブスタンスペインターの基本操作を説明して、様々なマテリアルを作成していきます。


6.キャラクターに簡単なポーズを付けて背景を作成してレイアウトしてレンダリングします。


7.Photoshopを使用して素材の合成をしてい調整してアフターエフェクトで最終的な調整をします。


8.Arnoldのトゥーンシェーダーを使用してセルルック表現方法も学べます。

Wingfoxではブラックフライデーセールが開催中!

Wingfoxでは年に1度のブラックフライデーセールが開催され、動画がクーポンコード「BFCM」を入力する事で30%オフになります。

その他にもWingfoxで販売している日本人講師のチュートリアル動画が2本セットで58ドルで購入出来るお得なキャンペーンが開催されています。1本の価格で2本分の動画を視聴出来るのでかなりお得な内容となっています。年末年始にゆっくり勉強しようと思っている人はこの機会に購入してみてはどうでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

seven − 3 =