チュートリアル動画

Cinematic Lighting In Blenderブレンダーでフォトリアルなライティング方法を4つのシーンファイルを実際に使用しながら学べるコース

Cinematic Lighting In Blender

Blenderでフォトリアルで見栄えるのするライティング方法を6時間以上のコース動画と実際にライティングを学ぶための専用セットがBlendermarketで販売されています。現在販売記念価格として定価60ドルですが45ドルで販売されています。

用意された素材を使いながら動画を視聴して自分の手で操作しながらライティング方法を学ぶ事が出来るようになっているので、コース動画以外のシーンでも実際に活用する事が可能になります。

せっかく作成したモデルを配置したシーンデータでも、Blenderでライトを配置したら上の画像のようにフラットでいかにもCG臭いシーンになったことはありませんか?


そんな場合でも上の画像のように、ライトの位置を変更してコンポジットを付け加える事で見栄えるするフォトリアルな作品を作る事が可能になります。ライティングを変更するだけで何気ないシーンがいかに生きてくるかが分かると思います。

動画は4種類のパートから成り立っていて、最初は静物ライティング方法


次に3点照明を使った基礎的な方法をメカニカルモデルを使用した方法


廃墟と、倉庫の中に落ちる光の演出方法を学ぶ事が出来ます。


Blenderを使いながら進めていきますが、ここで得たライティングテクニックは別のソフトでも応用する事が出来ます。この動画は気になるので購入してみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × two =