モデリング

Blenderで2Dなのに3Dに見える方法をどのように作成するのか紹介している動画が公開

湊-minato-さんがBlenderで2Dなのに3Dに見える方法をどのように作成するのか紹介している動画が公開されています。パート1ではスザンヌを例になぜ2D画像が3Dに見えているのかその仕組みを紹介してくれて、実際に映像を見ながらスザンヌを使って作成していく事が出来ます。

そしてパート2ではその表現を使ってどのようにイラスト調の木を作るのか紹介してくれています。仕組みを理解しながら手で作業していけるのでより理解を深めれる内容となっています。

上記作例はジオメトリーノードを使って作成されていましたが、アドオンを使う事でポリゴン数を減らして視差モデルを作成する事が出来るのでこちらの記事も併せて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Instant Impostors V1.0 ブレンダーで143万ポリゴンの木も20ポリゴンに変換して3D視差で表示してくれるアドオンの使い方 レビューInstant Impostors V1.0 | One-Click Impostor Generation (Eevee) 先日...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

6 + fifteen =