UV展開

texelMate for Maya UVの比率と整理した位置をキープしながら他のUVとテクセル密度を一致させれる無料プラグイン

[PR]

texelMate for Maya

texelMate for Mayaは– Im3dJoe – Maya Polygon Labさんが作成した、レイアウトして整理したUVのテクセル密度を他のUVの大きさと一致するためにUVツールキットの「取得」と「セット」を使うと、通常だとばらばらだったUVの大きさを統一させることは出来ますが、せっかく整理したUVの位置がおかしくなってしまいます。

そんな時に、telxelMateのプラグインを使うと、UVの位置が同じまま、他のモデルのUVの比率に合わせる事が可能になるプラグインです。Gumroadから無料ダウンロードして使う事が出来ます。

緑色で選択されている、こちらのUVの塊を他のUVの大きさに比率を合わせたいとします。


通常だと、UVツールキットの「取得」と「セット」を使う事でUVが小さくなって他のUVと比率を合わせる事はできましたが、↓の画像のように整理した位置がバラバラになってしまいました。


しかし、プラグインを使うとUVの比率が合わさって小さくなりながら、整理した位置もキープされて一塊になっているのが分かります。

 もちろん、UVのサイズが大きくなる場合にも整理した位置をキープしながらサイズが変更されます。

UVの取得とセットの使い方やUV展開に便利な機能を知りたい人は過去に書いたこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
初めてMAYA2018でUV展開する時に覚えてたら良い事11選! MAYA2018を使って初めてUV展開する人向けに、基本的に使う機能をまとめてみたので参考にしてみてください。 ...

 

合わせて読まれています
モデリング

ピクサー映画に出てきそうなキャラクターを1からMAYAでモデリングしてMudboxでテクスチャを描くチュートリアル動画。

2018年3月1日
3DCG最新情報サイト MODELING HAPPY
ピクサー映画に出てきそうなキャラクターをモデリングする動画がアップされていました。全て早送りされておらず1から手順を追って見ることが …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA