MODOでハイポリで作ったプロップモデルをローポリに転写してQuixelでテクスチャを作りアンリアルエンジンに持ってくるチュートリアル動画

Pocket


最近の3DCGの求人ではアンリアルエンジンか、Unityを触れることが求められている物を目にするのでせめてインポートからテクスチャの貼り付けなど一通りしっておきたい事ですが、今回ご紹介する動画はMODOを使ってガス缶のプロップモデル作成からテクスチャを作りアンリアルエンジンにインポートする所まで勉強する事ができる動画となっています。


コンセプトアートから

MODOでハイポリ作成

MODOでローポリ作成

UV展開

ベイクしてノーマルマップを作成してQuixelでテクスチャを作成

当たり判定用のモデルを作ってアンリアルエンジンに流し込み、シュミレーションして完成です。

アンリアル エンジン 4 – Unreal Engine
アンリアルエンジンは無料でダンロードできるので、是非試してみてください。

お得な情報は優良記事にて配信してます

Modeling happyでは現在表では出せない優良なチュートリアルネタや写真素材を有料記事として販売しています。マガジンを1度購読して頂くとずっと読み放題となるので気になる方は是非読んでみて下さい。
有料記事
こちらの記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。