ハードサーフェース

MODOでハイポリで作ったプロップモデルをローポリに転写してQuixelでテクスチャを作りアンリアルエンジンに持ってくるチュートリアル動画


最近の3DCGの求人ではアンリアルエンジンか、Unityを触れることが求められている物を目にするのでせめてインポートからテクスチャの貼り付けなど一通りしっておきたい事ですが、今回ご紹介する動画はMODOを使ってガス缶のプロップモデル作成からテクスチャを作りアンリアルエンジンにインポートする所まで勉強する事ができる動画となっています。


コンセプトアートから

MODOでハイポリ作成

MODOでローポリ作成

UV展開

ベイクしてノーマルマップを作成してQuixelでテクスチャを作成

当たり判定用のモデルを作ってアンリアルエンジンに流し込み、シュミレーションして完成です。

アンリアル エンジン 4 – Unreal Engine
アンリアルエンジンは無料でダンロードできるので、是非試してみてください。

合わせて読まれています
初心者モデラーの知識

MAYAのTransfer maps 機能を使ってノーマルマップを簡単に作る方法。崩れた柱やメカパーツを作る参考事例を書きましたよ。

2018年2月13日
3DCG最新情報サイト MODELING HAPPY
MAYAに標準で付いてる「Transfer maps」機能を使えば、マヤで作ったハイモデルからビシッとエッジの立ったノーマルマップを …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。