合計32種類の草や雑草のリアルな植物を作成できるブレンダー用アドオンGraswaldが販売されています。

Pocket

69ドルで販売しているブレンダー用草や葉作成アドオンGraswald

合計32種類の草、雑草、苔、死んだ葉、および土石からできていて、パーティクルシステムごとに最大69個のモデルバリエーションからなる合計79個の異なるパーティクルシステムの中から選択します。

牧草地にあるような大きな植物や、芝生で成長する可能性のある小さな変形を追加できます。下の腐敗している落ち着いた植物花、または死んだ植物を使ってそれらをサポートすることもできます。

実際の植物の構造の詳細を参照して、すべての単一の資産を慎重にモデル化。Graswaldでは目に見える雑草の痕跡を残して写真を撮ることができ、クローズアップやマイクロショットでも驚異的なディテールが得られます。

3回クリックするだけで、既成のパーティクルシステムをシーンに追加したり、個々のアセットをインポートしたりすることができます。

物理レンダリングで正しい見え方を表示させたいならGraswaldは最適な表示をしてくれて、low、middle,highから選べて最高4kテクスチャで表示されます。

CG環境で欠けているようなものが1つありますが、それは死です。

不自然に健康的で緑色に見えますが、現実の世界ではそうではありません。植物は空間、水、日光の絶えない中で生きています。それらのほとんどは死んでしまったり、少なくとも死んでいる部分があります。あなたがそれを見たときに気付かない部分はありますが、見つからない場合は注意してください!Graswaldでは、植物の年齢を変えて、春の雰囲気に恵まれた若い新鮮な葉や、冬のシーンを釘付けにする老いた壊れた黄色の葉をつくることができます。

Graswaldインターフェイスのおかげで、素材を最適化できるだけでなく、ポリゴンの数を自分で変更することもできます。

Graswaldまとめ
・69ドルで有料
・数クリックで配置できる
・32種類のベースとなる素材が入ってる
・ポリゴン数を細かに変更可能
・low・middle・highから選べる
・部分的に色を変えて腐敗させたリアルな植物を作れる
・PBRに適している
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。