ピクサーのトイストーリーに出てくる公園のトポロジーを例に少ないエッジでモデリングする方法

Pocket

2013年に公開されていたトイ・ストーリーとモンスターズインクのモデリングプロップを例にサブディビジョンサーフェースとMayaのCrease tool(エッジの鋭角を保つ方法)を使った動画が公開されていました。

非常にシンプルなトポロジーですが、ワイヤーを無駄に増やさずにきれいにモデリングしているのが分かります。

形状の修正も簡単にできるしまさにこれだけシンプルなワイヤーは理想ですが、Crease toolは実務で使わない事が多いし複雑な形状はさすがに細かくなるのが現実ですよね^^;

スポンサードリンク
>>こちらの記事も合わせて読まれています<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。