モデリング

全てのMAYAモデラーは使うべき!MAYAでカーブからパイプを作る時に絶対に使ったほうが良い無料MEL「Simple Pipe」

今回はパイプを作る時に便利なMELのご紹介です。

このMELを使えば、パイプを作る時に、円のカーブを配置しなくても1本のカーブさえ作ってボタンを押せば自動でパイプを作ってくれてサイズ変更も簡単にパイプ形状を作ることが出来るようになります。過去に紹介したこんな事を一々しなくて済むんです。本当に便利なのでMAYAを使ってる人は使ったほうがいいですよ!

あわせて読みたい
カーブツールから押し出してパイプやケーブルを作る便利な方法2つ!追記あり MAYAでカーブを書いてそれを押し出してiphoneコードを作ったりする時にとっても役立つ方法です。覚えておいて損は無いと思いま...

Simple Pipeのインストール方法

Highend3Dに登録すれば無料で使えるので、こちらのページからダウンロードしてください。 Simple Pipe 1.1.0 for Maya (maya script)

ダウンロードしたらmaya→scriptsに入れて

maya左下の枠部分にファイルの名前をコピーしてエンターキーを入力


するとウィンドウが表示されて使えるようになります。

Simple Pipeの使い方

カーブを選んで「Create」を押せばパイプが表示されます。一瞬で作られますが、この手軽さはありがたい!

Radius:大きさを変えれます


Round:横に流れるエッジの数を変えれます。


Long:縦に流れるエッジの数を変えれます。1にするとカーブで描いたCV数と同じエッジになります。


Rotate:エッジを回転させます


Taper:先細/太先に出来ます。


Twist:ねじらせます。

Simple Pipeを使う上で注意する事

パイプが完成したら「Finalize」という緑のボタンを押してフリーズさせるとパラーメーターを調整しても変更できなくなりますが、何個もカーブを作ってパイプを作るとパラーメーターを調整した時に他のカーブも一緒に変更されるので注意してください。

逆に言えば、何個も作ったカーブのパイプを同じ大きさとエッジ数に揃えたい時は簡単に全てのパイプを調整できるメリットもあります。

今までパイプを作る時は一々円を用意していた人はその一手間がはぶけてくれるので、かなり楽になると思います!是非使ってみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。