MAYA

V-rayでRTXがサポートされレンダリング時間が短縮!リアルなレンズ効果にCrease機能も

V-ray next for maya update2で追加された新たな機能が公開されました。今回はRTXサポートが追加されレンダリング時間が今までより大幅に短縮されていますが、新たに加わったレンズ効果も触ってみたいですね。新機能は直ぐにダウンロードして使う事ができます。

RTXでのレンダリングが加わり時間が大幅に短縮されています。

チラつきを防ぐライトキャッシュ

少ない分割数でレンダリング時間も短縮してエッジを立たせれるCrease機能


サブディビジョンと比較するとレンダリング時間が短くなっています。


3ds maxで使われているプロシージャルテクスチャのビーコンノイズテクスチャが使えるようになりました。


Distaceテクスチャーが使えるようになり、モデルに沿ってエフェクトを加える事が可能になっています。


今まで以上にリアルなレンズ効果を実装

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。