MAYA

V-rayが個人でも無料で使える非商用版がリリース


V-ray非商用版をインストールする

V-Ray for Mayaの非商用版がリリースされました。非営利目的だと個人で無料で使用する事が可能で90日間ごとに更新できます。

最大4Kサイズのレンダリングに対応しておりウォーターマークも含まれませんが、ネットワークレンダリング やバッチレンダリングは不可能です。

先日教育機関と学生向けに年間149ドルでV-rayが使えるようになるとアナウンスされましたが、静止画だけで言えばまずは無料版で十分良さそうですね。

V-rayの新機能を使ったらこんな事が出来る記事も合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
V-rayでRTXがサポートされレンダリング時間が短縮!リアルなレンズ効果にCrease機能も V-ray next for maya update2で追加された新たな機能が公開されました。今回はRTXサポートが追加されレン...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。