blender

Blender 2.83 LTSリリース  クロスブラシやVR環境サポートなど新機能追加

blender2.83LTS

Blender2.83LTSリリースされました。

LTSとはLong Term supportとなり2年間の長期的な使用が可能となるバージョンです。

最新のアップデートでは、パフォーマンスと安定性を提供する1250以上のバグ修正が行われています。 新機能については、新しいバージョンではVRサポート、OpenVDBインポート、OptiXビューポートのノイズ除去、強力な新しい物理対応のクロスブラシなどが追加されています。

CyclesでDenoiserを使用したBlenderビューポート内のノイズ除去と最終レンダリングをサポート


クロスブラシが正式対応


EEVEEでのレンダーパス設定が可能になりました


VR環境をサポートするようになったので、ビューポート上でVRを使用した作業が可能になりました


これは楽しそうです。


OpenVDBファイルをインポートして、新しいVolumeオブジェクトでレンダリングできるようになりました。


新しく作られたグレースペンシルは頂点ペイントが可能になりました


クレイブラシの改善


マスク部分に色を指定出来るフェイスマスク機能は色の付いたメッシュだけをそれぞれ編集する時に便利になる機能です。

新しいバーテックスシェーダーが追加されました

詳しく知りたい人はBlender2.83LTSのリリースノートページを参考にしてみてください

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

8 − six =