MAYA

MAYAとMaxのフル機能が使えるInide版が8月7日から日本でも年間250ドルで利用可能に

オートデスクが3ds Max Indieが2020年8月7日から「世界中で」利用可能になることを発表する電子メールを送信したという読者からのレポートを受け取った記事がCCPRESのサイトで公開されています。

indie版は利用制限無く年間250ドル(今現在だと26,531円)払う事で全ての機能を利用可能で、10万ドル未満(1千万円)の収入の人が使う事ができます。

使用可能地域はカナダ、米国、メキシコ、ブラジル、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ロシア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、イギリス、オーストラリア、インド、ニュージーランド、シンガポール、日本、韓国、マレーシア、中国で使用可能になるとの事です。

またmayaについても下記twitterの情報があり世界中で1ヶ月の費用で1年間mayaを使用できるようになる事が記載されています。

今現在mayaと3dsmaxは1年間で272,800円もする高額なツールですが、blenderに移行しようと思ってるユーザーを食い止める事ができるかもしれませんね。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    アーティストの完全外部化か進んだりして。(スタジオのソフトウェア維持費が浮く)

    • 匿名 より:

      フリーランスだと年収1000万越えてるの多いから、どっちかっていうとアマチュアが喜ぶだけだとは思うけど

  2. 匿名 より:

    喜びよりも乾いた笑いしか出ない
    ほんとどういう風の吹き回しで安くなったの…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。