MAYA

MAYA ArnoldでAtomsphere Volumeを使って印象的な大気のシーンを作成する方法

ArnoldでAtomsphere Volumeを使ってライティングする方法を紹介している動画が公開されています。薄くて均一な大気によって散乱された光をシミュレートできるので、霧がかった演出や外の光が家の中に入ってくる時の光の道筋を作る事が可能になります。

使い方はエリアライトを作成してからArnoldレンダラーの環境設定からArnold Rendererタブの中にあるEnviromentのAtomsphere部分にCreate aiAtmosphereVolumeを追加


AtomsphereVolumeのdensityの数値を少し強くして、作成してあったエリアライトを移動させたり強さやライト温度のTempreatureを調整してあげます。


建物が逆光になっているだけですがドラマチックな印象の絵を作る事が出来ています。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − 16 =