3DCGの勉強

日本語解説でZbrushでリアルな鷲を作るチュートリアル動画が販売開始されました『鷲』-生物造形と色彩設計製作講座


『鷲』-生物造形と色彩設計製作講座

世界中の凄腕アーティストのチュートリアル動画を販売しているWIngFoxのサイトで、映画やドラマでコンセプトアーティストとして活躍しているチーチャンイさんが日本語解説でZbrushとサブスタンスペインターを使って1からリアルな鷲のクリーチャーを作る動画、『鷲』-Zbrush生物造形と色彩設計製作講座の販売開始されました。動画は合計27時間で定価119ドルですが今だけ79ドルで販売されていますが、さらにクーポンコード「YHC15」を使用すると15ドルオフで動画を購入することが出来ます。動画は全てウェブサイトから視聴する形式でオフラインで視聴不可なのでその点だけ気をつけてください。

作成する鷲はこちらのモデルです。初心者ではなく基本的な操作方法をあらかじめ知っている人がスキルアップを対象とした動画となっています。WingFoxで日本語解説動画は森田さんがドラゴンを作成するチュートリアル動画以来なので2本目となります。

まずはZbrushを使ってラフデザインから大まかな全体イメージを作っていきます。


360度色々な方向から見て形を作っていきます。


大まかに形状を作ったら次に細かな細部のパーツを作り込んでいきます


一度MAYAを挟んでサブスタンス ペインターにインポートして材質、汚れなどを付け加えていきます


日本語で話している感じや動画の雰囲気はWingFox公式サイトまたはログインするとサンプル動画を視聴できるのでそちらから確認してみてください。

WingFoxのサイトではではその他にBlenderとZbrushを使った可愛いキャラクターを作るチュートリアル動画や、MAYAとZbrushを使ったリアルな人間を作るチュートリアル動画なども販売されているので合わせてチェックしてみてください。

Creating a Night Street in Unity

Masterclass Motion Graphic Animation in Cinema 4D by Zaoeyo
15ドルオフのクーポンコード「YHC15」が使用できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。