モデリング

Cinematic Nature Scene Creation in 3ds Max and Maya 寄りでも耐えれる映像用高クオリティの背景シーンを作るチュートリアル動画が販売開始!

Cinematic Nature Scene Creation in 3ds Max and Maya

世界中の凄腕クリエイターがどうやって素晴らしい作品を作るのか1からその方法を教えてくれるWingfoxのサイトで新しく映画に出てくるような綺麗な景色を2パターン作るチュートリアル動画「Cinematic Nature Scene Creation in 3ds Max and Maya」が発売されました。作品は3DsMax、3Dsmaxの外部プラグインGrowfx、Maya、Redshift、worldcreator、RizmoUV、SubstancePainter、Photoshop、Nukeを使って簡単なことから徐々に難しいことを学びながら作成していきます。様々な植物や、山の作る方法からマテリアル設定、ライティング方法、レンダリング、コンポジットします。

教えてくれるのはShuaWanDeShenさん。7年間に渡ってゲーム、映画、テレビ業界で環境アーティストとして働いてきました。動画は合計18時間ありますが、定価149ドルの動画が今だけ89ドルですがさらにクーポンコード「BS25」を入力すると25%オフで購入する事が出来ます。

まずは異なる植物をGrowFXを使って作る方法を学び、メッシュモディファイアで葉っぱが風のアニメーションで揺れる表現を作成します。マテリアルIDを使って異なるマテリアルを作成したり、山はWorldCreatorを使って作成して、Zbrushでポリゴン数を減らしRizmoUVでUV展開してサブスタンスペインターでベイクしてMayaで植物を配置してライトを適正な場所に配置してRedshiftを使って光と影を作成してNukeでコンポジットして作っていきます。

今作は3DsmaxのプラグインGrowFXを多様していますが、プラグインの体験版をこちらのページからダウンロードして学ぶ事が出来ます。

     

Wingfoxのサイトではそのほかにも色々なチュートリアル動画が販売されているので合わせてこちらの記事も参考にしてみてください。

Creating a Game-Ready SciFi Soldier for Unreal Engine 4


【85% OFF Sale!】Hard Surface Modeling Tutorial: High Poly Character Design for Games

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。