モデリング

Blender スカルプトブラシで部分的にモデルに影響を与える「面セット」と「面セット境界」の使い方


Blenderの「面セット」と「面セット境界」を使うと部分的にスカルプトブラシが適用されて、他の部分には影響を与えないようにできます。例えば凹んでいる丸い部分にはスムーズをかけたくないけど平面部分を整えたい時なんかに使えます。

まずは面を1つ選んでSHIFT+Gキーのショートカットから同一平面上を選び穴の凹んでいる部分以外を選択します。


選んだ状態でSculptingモードにしてから左上の「面セット」→「編集モードの選択から面セットを作成」を選ぶと選択している面の色が変わります。


ポリゴンの流れを綺麗にしたいのでブラシはスムーズを選び、

Nキーを押して右側からスカルプトブラシのパネルを表示して、


ブラシの詳細設定の「面セット」と「面セット境界」にチェックを入れて、


色の変わった部分をブラシでなぞると、凹んでいる部分と面の境界がキープされながらポリゴンにスムーズがかかって整理されているのが分かります。


これを使うと他のブラシを使っても面セットされて色の変わっている部分だけ形状を変更する事が可能になります。


面セットで色を変えた部分はHキーで非表示が出来て、


面セット以外の場所はSHIFT+Hキーで非表示にすることが出来ます。


「面面セットをドロー」を選ぶとブラシでなぞった部分に面セットを作ることが出来ますが、何度もストロークすると色の変わった面セットを何か所も作ることが可能です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。