3DCGの勉強

Create Cinematic Creatures アベンジャーズ等の映画でキャラクターやクリーチャーを作成していた凄腕クリエイターが1からクリーチャーの作り方を教えてくれるチュートリアル動画が販売開始!

Create Cinematic Creatures for Film and TV: From Concept Modeling to Lookdev

世界中のチュートリアル動画を販売しているWingfoxのサイトで映画やTVで使える高品質なクリーチャーをMaya、Zbrush、Arnold、Mari、フォトショップを使って1から作るチュートリアル動画が販売開始されました。この動画ではコンセプトとなるクリーチャーを作るスカルプティングから、実際に使えるようにするモデリングとリトポロジーにUV展開方法から鱗の細かなデティールの作り方にカラーテクスチャを作成する方法から、最終的なマテリアルの作り方からライトを配置してMayaでのレンダリング方法を学ぶ事が出来ます。

教えてくれるのはMahmoud Salahさん。ホストプロダクションで10年以上働きカナダの映画業界でキャラクターやクリーチャーのモデリングやテクスチャの仕事をしていました。主に関わった作品はマンダロリアンや、ミッドウェイ、デッドプール2、アベンジャーズインフィニティーウォー等で活躍してきました。

動画は合計22時間もの大ボリュームで定価139ドルしますが今だけ79ドルでさらにクーポンコード「WFJ20」を使う事で20%オフで購入する事が出来ます。

ハリウッドに出てくるようなクリーチャーの作り方を学びたい人におすすめできる動画となっています。

Zbrushでまずはどのようなキャラクターを作るのかコンセプトスカルプティングを始めます。


Mayaを使って面を張るリトポロジーをしながらUV展開をしていく方法を学びます。


MARIのソフトを使いxyztexturesで鱗などの質感を描いていきます。


Zbrushに戻りMariで描いた鱗模様を立体的にします。


さらにMariに戻り今度はカラーペイントしてクリーチャーのテクスチャを描いていきます。


テクスチャが完成したらMayaでマテリアルに繋げてどのようにレンダリングしていくのか
学ぶことが出来ます。


最終的な完成画像です。


wingfoxのサイトではその他にも様々なチュートリアル動画を販売しているのでチェックしてみてください。

Creating A Hack and Slash Game Prototype in Unreal Engine
アンリアルエンジンで剣で戦うゲームを作る方法を学べるチュートリアル動画は「WFJ20」を使う事で20%オフで動画を見る事が出来ます。


【Translation Fundraising】CG Concept Short Film: Silent Hill – Redemption
サイレントヒルに出てくるような映像をC4Dで作るチュートリアル動画も「WFJ20」を使う事で20%オフで動画を見る事が出来ます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。