パソコンのこと

raytrek ZF-Ti 30万円台 プロ仕様のクリエイター向けパソコン実機レビュー

今回はドスパラさんよりクリエイター向けパソコンのraytrek ZF-Tiをお借りしました。主な搭載パーツはCPUにCore i9-11900KとCPUクーラーが搭載され、グラフィックカードにはGeforceRTX3070Tiとハイエンドパーツが使われているので、仕事でも趣味でも重たい処理を必要とする場面でも快適に動作してくれるパソコンとなっていました。

そして、ページ最後には20万円台のパソコンと35万円のパソコンではどれだけ性能差があるのかも詳しく書いているのでそちらもご参考にしてみてください。

今回借りたのはこちらのパソコンです

機種名raytrek ZF-Ti
CPUCore i9-11900K
グラフィックスGeForce RTX 3070Ti
メモリー32GB
ストレージ1TB NVMe SSD
値段308,960円
(詳しくは公式HPを確認してください)

raytrek ZF-Tiのデザイン


raytrek ZF-Tiはボディ全部がマットブラックで置く場所を選ばないシンプルなデザインです。パソコンのサイズは幅207mm、奥行き509mm、高さ440mmと少し大きめですが、その分PC内部をカスタマイズしやすい利点や熱が逃げやすいように無数の穴が随所に開けられている工夫がされています。

画像クリック拡大します

真横から見た本体のデザイン

左右のパネルにもパンチングが開いているので、熱が逃げやすくなっています。

画像クリック拡大します
左面 大きな面のパンチング右面 小さめな右上角にパンチング

パソコン上面にもファンが搭載されて熱の逃げ道がしっかり確保されています。

カードリーダーで写真を瞬時に読み込み可能


raytrekシリーズにはガレリアシリーズには搭載されていない、全面真ん中にカードリーダー差し込み口があるので、カメラで撮影した画像を直ぐに読み込むことが可能です。フルサイズ画像でも読み込みが早いのでストレスなく作業する事が出来ます。

正面・後ろの端子


正面にはDVDスーパーマルチドライブ、USB3.0x2、カードリーダー、電源、オーディオ入出力が付いています。

背面にはUSB2.0x2、USB-TypeCx1、USB3.2X3、LAN、オーディオ入出力が付いています。モニター接続には、Displayportx3、HDMIx1が付いているので、複数のモニターで快適に作業する事が可能です。

raytrek ZF-Tiのパーツ構成と性能

グラフィックカードの性能


グラフィックカードはGeforce RTX3070Tiが搭載されています。現在発売されている上位グラフィックカードだけあり、スペックの要求されてるゲームや3DCGソフトでのレンダリングも速くて快適に操作できました。

型番性能
RTX3090
3673
RTX3080Ti
3620
RTX3080
3341
RTX3070Ti
3040
RTX3070
2988
RTX3060Ti
2703
 RTX3060
2282
RTX2060 Super
2262
RTX2060
1903

>ドスパラ公式サイト Geforce ベンチマーク比較表

CPU性能


CPUには2021年3月に発売されたintelのCore i9-11900Kが搭載されています。8コア16スレッドで3.5GHz~最大5.3GHzと現在発売されているCPUの中では上位クラスでレンダリングも速く終わってくれます。またCPUクーラーには水冷ユニットのAsetekが搭載されて負荷がかからないように考えられています。

型番コア数(スレッド数)性能
Core i9-11900K8(16)
5150
Core i7-11700K8(16)
5050
Core i9-11900KF8(16)
4960
Core i9-10900K10(20)
4820
Core i7-11700KF8(16)
4780
Core i9-10900X10(20)
4630
Core i7-10700K8(16)
3960
Core i9-9900K8(16)
3770
Core i9-99008(16)
3450
Core i7-9700K8
(8)
2930
Core i7-97008
(8)
2740

>ドスパラ公式サイト CPUベンチマーク比較表

メモリの搭載数値


16GB搭載BTOパソコンが多い中最初から32GB搭載されているので複数のアプリを同時に立ち上げても快適に作業する事が出来ます。

ストレージの容量 (データ保存)


ゲームのインストールやデータ保存に必要なSSDは1TB搭載されています。現在発売されているゲームは重たい物が多くてフォートナイトだと31GB必要で、キングダムハーツⅢだと65GB、GTAⅤだと98GBと大容量ばかりです。

また3DCG制作ではモデルやテクスチャなどデータを保存するのにもストレージは必要になりますが、1TBあると何をするにも余裕をもって作業する事が可能で、足りなくなれば後から購入してすぐに増やす事が出来ます。

パソコンの動作音


パソコンの動作音はネットサーフィン中は40db前後で音があまり気になりませんでしたが、Vrayベンチマークを起動してみるとCPU処理中には一気に音が大きくなり60db前後になってかなり大きな音となりました。GTA5のベンチマークや他のゲームをプレイしている最中にも音が大きくなる事がありました。

ちなみに一般的な生活音の大きさは以下となります。

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

MAYA arnoldのレンダリング速度

mayaのarnoldを使って自作したサンプルモデルを例にレンダリング速度を計測してみました。

使用ソフトMAYA arnold
レンダリングサイズ1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫2kサイズx50枚

レンダリング時間は23:08秒でした

過去に使ったデスクトップPC一覧表で比べると今回使ったパソコンは現状5位の速さでした。他のモデルにも同じCPU搭載モデルがあるので誤差範囲かなと思います。

順位レビュー記事レンダリング時間値段
1位GALLERIA ZA9C-R38T20:05359,980円
2位raytrek ZF20:54秒244,979円
3位GALLERIA XA7R-67XT21:20秒194,980 円
4位GALLERIA UA9C-R3822:05秒355,980円
5位raytrek ZF-Ti23:08308,960円

blenderのレンダリング速度

blenderでサンプルモデルのAgent327Barbershopをレンダリングしてみると、CPUレンダリングでは13分台で、GPUレンダリングは14分台となり速い事が分かりました。

blenderを使ったレンダリング速度
CPUレンダリング/13:02秒GPUレンダリング/14:45秒

V-rayのベンチマーク数値

V-rayベンチマークでもCPUレンダリングは01:04秒、GPUレンダリングは00:34秒でした。ブレンダー同様に速い事が分かります。

CPU01:04
GPU00:34

CINEBENCH R15のベンチマーク数値


CINEBENCH R15の数値はOpenGLが169.45fpsでCPUが2167cbです。

OpenGL169.45fps
CPU2167cb

CINEBENCH R20のベンチマーク数値

CINEBENCH R20のベンチマーク結果は4849ptsです。

CPU4849pts

サブスタンス ペインターも動作確認済み


テクスチャペイントソフトのサブスタンスペインターも問題なく動作しました。

フォトショップの処理能力

フォトショップを使って6000x4000pxの写真に「ぼかし放射状」を最高画質で適用すると約10:94秒で処理が完了しました。使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

ゲームのベンチマーク結果  / 軽いゲーム

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークは最高品質ですごく快適のスコアが23087で快適に動作する事が出来ました。

ドラゴンクエストⅩ22421

ゲームのベンチマーク結果  / 中程度のゲーム

フォートナイトをプレイすると200FPS前後が表示されて快適に動作する事が出来ました。

フォートナイト200FPS〜

APEXではFPS数値が常時60前後を表示してくれて快適に動作しました。


モンスターハンターをプレイしても常時60FPSが表示され快適に動作しました。

モンスターハンター60FPS〜

ゲームのベンチマーク結果  / 重たいゲーム

高画質で重たい処理のFF15のベンチマークは最高設定の「高品質」「4Kサイズ」でベンチマークを測定してみると5937でやや快適の数値でした。

FF155937スコア

GTA5のベンチマークを測ると常時58~FPS前後で快適に表示されました。

GTA5ベンチマーク58FPS~

オンラインで対戦できるFPSゲームPlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)はグラフィック設定を全てウルトラにしてもFPS数値が200FPS前後と高い数値が出て快適にプレイ出来ました。

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)200FPS~

サイバーパンク2077はグラフィックを全て一番高い設定にしてレイトレーシングをオンにしても120前後でサクサク快適に動作してくれました。さすが3070Tiの性能です。

サイバーパンク2077120FPS~

raytrek ZF-Tiの評価


ドスパラ公式サイト raytrek ZF-Ti

raytrek ZF-Tiは値段こそ高いですが、高スペックパーツが搭載されているのでゲームも遊べるし、仕事で3DCGを使いたい人でも問題なく快適に動作してくれるプロ仕様のパソコンとなっていました。

ただ値段別でもっと安いパソコンや高いパソコンの場合はどうなのかな?と思っている人の為に過去に使用した19万円台と35万台のパソコンと比較した表がこちらです。

パソコンの名前GALLERIA XA7R-67XT 3700X搭載モデルraytrek ZF-Ti GALLERIA ZA9C-R38T
デザイン
レビューレビュー記事はこちら今回使ったパソコンレビュー記事はこちら
値段(詳しくは公式サイト参照)194,980 円308,960円359,980円
Mayaレンダリング時間(CPU)21:20秒23:08秒20:05秒
フォトショップフィルター処理16.02秒10:949.29秒
Blenderレンダリング時間(CPU)13:13秒13:0213:28秒
ドラクエ10ベンチマーク高品質122032308722421
FF15ベンチマーク 高品質478059377722
サイバーパンク2077画質を下げて60FPS120FPS90FPS
メモリ16GB32GB16GB
ストレージ1TBSSD1TBSSD1TBSSD
CPURyzen 7 3700XCore i9-11900KCore i9-11900K
グラフィックカードRadeon RX 6700 XTGeForce RTX 3070TiGeForce RTX 3080Ti

この表を見ると、Maya、ブレンダー共にレンダリング時間はそこまで大きな差が無い事が分かります。ただ19万円台のGALLERIA XA7R-67XT 3700X搭載モデルではフォトショップのフィルター処理が遅かったり、サイバーパンク2077をプレイしてみるとレイトレーシングが不可能で画質を下げる事で60FPS表示出来たりと、今回使った30万円台パソコンと比べると今一歩な部分はありました。

ただそこまで負荷の掛かるゲームもプレイする予定が今の所ないし、画質を下げればプレイ出来るならそれでいいと割り切れる人であればGALLERIA XA7R-67XT 3700X搭載モデルが良いと思いますが、レイトレーシングをオンにして綺麗な環境で最高画質でゲームを楽しみたい人は今回紹介したraytrek ZF-Tiがおすすめで、さらにお金に余裕があれば上のグラフィックカードが搭載されているGALLERIA ZA9C-R38Tを使ってみたら良いと思います。

ゲームの為ではなくて、CG学校に通いだしたから家でも色々勉強したい人であれば19万円台のGALLERIA XA7R-67XT 3700X搭載モデルはコスパがかなり良いので、使った時のレビュー記事を合わせてチェックしてみてください。

秋のポイント還元祭!最大10,000円分ポイント還元

秋のポイント還元祭キャンペーン

2021年10/21(木)までドスパラで1000円以上お買い物をしてキャンペーンにエントリーするとドスパラポイントが最大10,000ポイント当たるキャンペーンが開催中です。ドスパラでパソコンを購入した場合は是非応募する事を忘れないようにしてください。

付与ポイント当選数
10,000ポイント10名様
5,000ポイント100名様
500ポイント890名様

付与されたポイントでモニターやキーボードにマウス、steamでゲーム購入にも使えるので非常にお得です。

ドスパラPCを注文してみたよ

【PC購入】ドスパラのPCを48回払いでネット通販で注文する手順を1から詳しく書きました

家のパソコンの動作が悪くなり、2019年に26万円のドスパラPCを48回払いで購入した時の記事です。ドスパラでパソコンを購入するにはどうすればいいのか分からない人は参考にしてみてください。

ドスパラPCは最短、次の日届きます!

ドスパラPC100%国内生産!最短翌日届く!

ドスパラPCは神奈川県で製造されていて、配送には「ヤマト運輸」を採用しているので「当日出荷」と記載されているパソコンは正午までの注文確定でその日に出荷可能。配送がとにかく早くて実際に2019年に購入したら直ぐに到着しました。

 

ドスパラPCを使って管理人が実際に作った作品

管理人がドスパラPCを使って実際に作った作品の一部です。

2013年に初めてドスパラPCを購入して使っていましたが、もっとレンダリング速度の速いパソコンが欲しくてキャッシュレス還元をやっている2019年の12月にGALLERIA ZZを購入しました。レンダリングがサクサクだと待ち時間が減ってストレス減になり作品作りもより楽しくなりました。

GALLERIA ZZを購入した記事はこちらに買いているので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
実際に30台以上のパソコンを触って比較した結果ドスパラPC 【GALLERIA ZZ】を購入 6年ぶりに新しいパソコンを購入しました。 2013年の12月にドスパラPCを当時20万円近いお金を払って購...

 

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^


ドスパラ店長さんに初心者におすすめの人気3DCGパソコンを聞いて来ました。

ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

48回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大48回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品48回まで分割手数料無料キャンペーンが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度があるので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

 

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表


ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分か
らなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。