アドオン

ブレンダーでウェイトペイントした部分にカーブを配置してくれる無料のTissueアドオンの使い方


github Tissue

BlenderのTissueアドオンはモデルにパーツを張り付けたり色々な事が出来るアドオンですが、ウェイトペイントで塗りつけた部分にカーブを配置する事が出来るのでその方法を今回は記事にしました。ちなみにブレンダー標準でもTissueアドオンは入っていますが、メニューが違うのでgithubからダウンロードして入れてください。

分割したモデルを用意してポリゴンを選択した状態からTissueの「Weight Distance」を選択してウェイトペイントを塗ります。


塗り終わったら次は「Contour Curves」を押すと塗った部分にカーブが表示されます


ベベル深度でカーブに厚みが付けれて、カーブの本数を変更したり、Clean Distanceでカーブの滑らかさを調整して配置する事が出来ます。


またTissueにはその他にもペイントした後に「Contour Displace」を押す事で、ペイントした部分にディスプレイスメントを作成する事が可能になるので、モディファイアーから適用して別モデルとして使う事も可能になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。