チュートリアル動画

Industry Ready Weapon and Attachment Creation for Video Games ブレンダーにサブスタンスペインターでゲーム用のリボルバー銃を作るチュートリアル動画が販売開始

Revolver Tutorial – Industry Ready Weapon and Attachment Creation for Video Games

世界中のチュートリアル動画を販売しているWingfoxのサイトでブレンダーでモデリングして、サブスタンスペインターでテクスチャを作成して、MarmosetToolbag4に読み込んで最終的にリアルなゲーム用のリボルバー銃を作成するチュートリアル動画が販売開始されました。動画は合計20時間で、定価99ドルしますが今だけ49ドルで購入可能です。

教えてくれるのはTimBergholzさん。武器に特化したアーティストでCrtek、UBIsoftで14年の業界経験のあるシニアアーティストです。AAA品質のゲームに関わってきたクオリティの作品を作る方法を学ぶ事が可能となっています。

どんな内容なのか事前に知りたい人は無料ログインする事でブレンダーを使った最初の29分と26分の動画を視聴する事が可能です。

銃などのプロップモデルなどはどんな会社でも作る事があるので、ブレンダーでモデリング技術を上げながらゲームモデルを作成する方法を学びたい人は視聴してみてはどうでしょうか。

01.ブレンダーでモデリングをします

まずはブレンダーでリファレンス資料を見ながらモデリングしていきます。無料のプラグインや、モディファイアを使用して非破壊的にハイポリモデルを作成する方法を学んでいきます。モデリングが完了したら無料のプラグインを使用してUV展開していき、命名規則やスムージンググループを設定します。

02.Marmosetでベイクする方法とサブスタンスペインターでテクスチャを作る方法を学びます

ハイポリと、ローポリモデルをMarmoset Toolbag4に読み込みベイクして、ノーマルマップ、Curvatureマップ、オクルージョン、Thicknessマップを書き出します。
その後、サブスタンスペインターにマップを読み込み金属質感にアルファテクスチャにスマートマテリアルを使用して傷などがあるフォトリアルな質感を作成してきます。

03.MarmosetToolbag4でシーンを完成させる

最後の仕上げとしてMarmosetへモデルを読み込みレンダリングして完成させます。

その他にもWingfoxのサイトでは様々なチュートリアル動画が販売されていますが、ブレンダーを使ったスタライズ表現のチュートリアル動画なども販売されています。

Stylized 2D Toon Shader in Blender

HAPPY ANNIVERSARY DAY 最大60ドル引きになるキャンペーン開催中

Happy Anniversary Day! Illustration Mystery Box for only $9 to win $240 Masterclass!


Wingfoxでは現在HAPPY ANIVERSARY DAYと題してチュートリアル動画を70ドル以上購入でクーポンコード「HA20」を入力する事で20ドル引きになり、130ドル以上購入でクーポンコード「HA40」を入力する事で40ドル引きになり、200ドル以上購入でクーポンコード「HA60」を入力する事で60ドル引きになるキャンペーンを開催しているので欲しい動画がある人はクーポンコードの入力を忘れずにしてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。